男性は付き合っている彼女に対して、「この子が彼女でよかった」と思う瞬間があります。そう思える瞬間が多ければ多いほど、結婚しようという決意も固まっていきます。どれだけ大切なパートナーとして見てもらえるかが大事です。 今回は、男性が「この子が彼女でよかった」と思う瞬間をご紹介したいと思います。

文・白武ときお

【みんなの恋テク】

男性が「この子が彼女でよかった」と思う瞬間

1.落ち込んだ時に助けてくれた

「仕事の失敗で落ち込んでるときに、一緒にいてくれた記憶って大きい。この子がいてくれて助かったなって」(27歳・飲食)

男性はプライドが高く、傷ついた弱い姿はなかなか人に見せられません。しかし、そんな弱い姿も見せられて、なぐさめてくれる彼女の存在はかけがえのないものです。彼が弱っているときほど、優しく包み込んであげましょう。

2.仕事の相談ができた

「女性の感覚が彼女のおかげでわかったり、仕事の相談ができたときはありがとうって思う。彼女が仕事のヒントをくれたりすることは多々ある」(28歳・IT)

男性が仕事において、女性の感覚が知りたいことはあります。デートにしても「これがいいのか」と、トレンドを知ることは大事です。付き合っているだけで情報をどんどん提供してくれる彼女を、ありがたいと思う男性は多いです。

3.生活習慣を整えてくれた

「食生活とかむちゃくちゃだった時に、整えてくれる彼女はありがたい。自分ではできない管理をしてくれると助かる」(28歳・証券)

自分の生活がボロボロなのを、彼女が指摘してくれて整えてくれる。そうしたときに「この子が彼女でよかった」と思うことは多いです。服装も同様で、彼女のセンスや知恵のおかげで自分がより良い生活を送れていると心から感謝が湧き上がってきます。

共通点はサポートすること

「この子が彼女でよかった」と思う瞬間は、さまざまですが共通点は自分を助けてくれたときです。彼が困っていたり、できていないことをサポートしてあげると、その献身性にグッとくるのです。今一度自分が彼にできるサポートを考えて、オンリーワンの彼女を目指して見ましょう!

(C) PeopleImages/Gettyimages(C) Ridofranz/Gettyimages