「中国商用飛機」のC919型旅客機あと少しでお披露目飛行(出典:http://shanghaiist.com)

写真拡大

「中国が開発・生産にあたった旅客機にあなたは命を預けられますか?」 ほかの国の報道ではそんな意地悪なタイトルすら見受けられたこの話題。上海を本拠地とする民間航空機メーカーによる旅客機が、順調にいけばあと数か月でお披露目フライトを迎えるとのこと。搭載するエンジンとアビオニクスは実績ある国外メーカーによる生産とわかり、「ホッとした」との声もあがっているようだ。

その旅客機は中国政府が100%出資した「中国商用飛機有限責任公司(Commercial Aircraft Corporation of China, Ltd 以下COMAC)が開発を進めてきた『C919』。客室内の通路が1つのいわゆるナローボディ機で、『China Daily』が伝えた最新データによれば座席数は150以上、航続距離は平均4,075kmとなるもようだ。2006年にスタートし、国内の200以上の企業と36の大学が参画する一大プロジェクトであることが2015年11月に大きく報じられた。

ボーイング737のライバル機となることを意識している様子のC919だが、世間からは「中国が旅客機など製造できるわけがない。自主開発などウソ」、あるいは「質の悪いパクリ旅客機と世界からバカにされるくらいなら、重要な部品はむしろ国産でない方が安心」といった声が多数聞かれた。当初予定されていた2016年初飛行という計画は頓挫し、C919がやはり“純国産”などではないことも徐々に分かってきた。

今年後半にもお披露目飛行が予定されている機体は、設計と組み立てこそ上海で行われるものの、米GE・アビエーションと仏スネクマの合弁事業であるCFMインターナショナルが開発にあたっている「LEAP-X1C」と呼ばれる高バイパス・ターボファン・エンジンを搭載するとのこと。アビオニクス(電子通信機器、航法システム、自動操縦装置、飛行管理システムなど)もCFM製となるといい、COMACが使命としているであろうメカも含めた純国産旅客機の製造は「いずれは」ということのようだ。

なおCOMACの発表に嘘がなければ、C919の発注はすでに570件にも上っているもよう。そこには中華航空(China Airlines)、中国南方航空(China Southern Airlines)、中国東方航空(China Eastern Airlines)などが含まれているが、カタール航空のCEOも「いつまでもボーイングとエアバスの二社複占体制ではよくない。ライセンスを受けて中国で製造されたiPhoneが出回っているこの時代、中国から航空機を購入することに何ら躊躇はない」と語り、興味を示している。もっとも中国製のiPhoneには背面にリンゴならぬナシのマークがプリントされている偽モノもある。C919もよくよく評判と安全性を確かめてから発注していただきたいものだ。

なお2014年10月には、全面ガラス張りのごとく機内の全席から360度パノラミックな景色を楽しめる旅客機の開発が進んでいることをお伝えしていた。有機発光ダイオード(Oled)を利用して機内のスクリーン化を図るもので、英テクノロジー開発企業の「Centre for Process Innovation」は実現は10年以内と約束している。こちらの旅客機のお披露目飛行も待ち遠しい。

出典:http://shanghaiist.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)