(写真:gettyimages)

写真拡大

12日放送の「橋下×羽鳥の番組」(テレビ朝日系)で橋下徹氏が、複数ものPTAの役職を担う妻の苦労について明かした。

番組エンディングでは、羽鳥慎一アナウンサーが橋下氏に自身の存在によって妻に迷惑をかけた有無について質問を投げる。橋下氏は妻にかける迷惑は数多いとして、中でも「PTAの問題が大きい」と、PTAの仕事が妻の負担になっていると打ち明けたのだ。

なんでも、PTA役員の選出方法について「うちの学校はね、全保護者に『この人がいい』って推薦を書かせるやり方だった」と説明し、府知事や市長の知名度の高さから橋下氏の妻に推薦が集中してしまった実情を明かした。それでも妻は、旦那が府知事や市長などの仕事を通じて周囲に協力を得ている背景もあって、すべての職務に勤しんだという。

さらに橋下家は子どもが7人という事情もあいまって、計6つの学級でPTA参加を求められたそうだ。そういった経緯をあって、橋下氏は「PTAの役ってどうなんでしょうね。子どもの数で役職増やされると…」と、苦い表情で疑問を呈していた。

【関連記事】
橋下徹氏が“上司からのミスの押し付け”に持論「ミスは被った方が良い」
橋下徹氏が明かす政治家時代の驚きのセクハラ対策 女性1人での入室は禁止
橋下徹氏が政治塾での講演辞退を語る「間に入ってくる人が出てきて面倒くさくなった」