小木博明

写真拡大

10日放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、おぎやはぎの小木博明と矢作兼が、misonoの寄付報告に苦言を呈した。

この日の番組では、misonoが月収約30万円を全額寄付したことを紹介。

misonoは6日に自身のブログで、1ヶ月分の給料である約30万を公益財団法人「そらぷちキッズキャンプ」に寄付したと報告した上で、「自分がいくらいいことをしても、それはニュースにもならない」と、不満をこぼしていたのだ。

番組でこれを知った小木は、「ダメだなぁ、そう言ってしまうと」と一蹴。こうした発表は控えるべきだと指摘し「寄付は、やっぱり言ったらダメよね、基本」と忠告した。

矢作もこの意見に同意し、「寄付は言ったらダメ」と断言。続けて、寄付が公表される場合の経緯について、「寄付というのは、こっちは言わないでね、された側の人が(公表する)」「こっちは言っていないのに、どこかでバレるのは仕方ないと思う」と語った。

小木は、寄付を宣言した場合は、寄付にならないなどと痛烈に批判。「(自分で言ったら)それはもう、寄付にならないよ」と、諭すような口ぶりで漏らしていた。

【関連記事】
村本大輔が「矢作兼はラジオに向いていない」とバッサリ
おぎやはぎがAKB48メンバーの容姿に言いたい放題 「ダサい」と断言
おぎやはぎがフジテレビ「ENGEIグランドスラム」の異例の告知に焦りを告白