東京・東久留米市にある自由学園。ここで70年以上にわたって続いてきた伝統的な授業が、生徒が育てた豚を食肉処理施設に送り、最後はその肉を自分たちで調理し、給食で食べる、いわば“いのちに触れる学び”だ。・【映像】出産映像は学校で必要? 豚を飼育して食べる“命の授業”は残酷? 教育と配慮はまもなく子豚の頃から7カ月間育てられてきた2匹の豚が出荷を迎える。育ててきたのは、この春に高校1年生になった生徒たち。こ