【いまどきの男を知る会ファイルNo.28 こじらせイケメン】イケメンはリア充でモテモテで人生を謳歌している……そんな画一的なイメージを抱きがちですが、実際はイケメンであることを生かしきれず、悶々としている人は少なくないようです。スピリチュアル系の出版社、ヒカルランドに勤める20代の若手社員、須崎竜太氏は一見さわやかな癒し系のイケメンながら、周りの友人から話を聞くとただの好青年ではないようです。歩い