ブンデス第3節MVP、復帰の香川がダントツで選出…2位は岡崎

写真拡大

 ブンデスリーガ公式HPが17日、第3節のMVPにドルトムントに所属するMF香川真司を選出した。

 同MVPは、ドイツ語版HPのユーザー投票により決定。香川は、ドルトムント復帰初戦となった13日のフライブルク戦で決勝ゴールを記録し、64.68パーセントの得票率を獲得した。

 また、2位には13.10パーセントの投票を受けたマインツのFW岡崎慎司が入った。岡崎は、ヘルタ・ベルリン戦で2ゴールを挙げ、ブンデスリーガ通算28得点目となり、同リーグ日本人最多得点記録を更新していた。

 なお、3位にはシャルケ戦で2ゴールを挙げたボルシアMGのFWマックス・クルーゼが選ばれた。

 トップ5の得票率は、以下の通り。

1位 香川真司(ドルトムント)64.68パーセント
2位 岡崎慎司(マインツ)13.10パーセント
3位 マックス・クルーゼ(ボルシアMG)12.60パーセント
4位 シャビ・アロンソ(バイエルン)6.47パーセント
5位 ラウル・ボバディア(アウクスブルク)2.12パーセント