『宇宙刑事ギャバン』30年目の再会!大葉健二「熱や想いが画面から伝わる」

写真拡大

今年で生誕30周年を迎えた特撮ヒーロー番組『宇宙刑事ギャバン』のスペシャルDVD『宇宙刑事ギャバン メモリアル 30年目の再会』の発売記念会見が19日、都内で行われ、ギャバン/一条寺烈役の大葉健二、ヒロイン・ミミー役の叶和貴子が登場した。

会見前には、DVDのオーディオコメンタリーの収録が行われ、それにあたって本作を改めて見直したという大葉は「スタッフや出演者たちの熱や想いが画面から飛び出てきて伝わり、未だに注目されるということはこういうことなのかと思った」と感慨深げ。

叶は「今日は”タイムスリップ”したような気持ちになりました。

もう一回できるなら”ミミー”をやりたいなと思って、とても夢のあるお仕事をやらせていただいたと思っています」と当時に立ち返るように喜びを語った。

本作で大葉と叶を抜てきした吉川進プロデューサーは『ジャンルで言えば(『ギャバン』は)アクションもの。

当時、千葉真一がジャパン・アクション・クラブ(JAC)を創設し、もともとはJACの正統派アクションマンだった金田治が『ギャバン』のアクション監督だった。

そういう一つの系譜の中に大葉くんがいた」と、まず当時の特撮ヒーロー界を振り返る。

そして「大葉くんは、私がやった『バトルフィーバーJ』や『電子戦隊デンジマン』でも戦隊メンバーのひとりを務め、千葉真一の門下(つまりJAC)だったから、お互いをよく知った仲だった。

この『宇宙刑事』企画が成立した時に、何としても大葉くんでやりたいと強く希望していた」と話し、当時JACのエースと呼ばれた大葉の起用理由を明かした。

叶については「当時の叶さんはすでにスターだった。

当時のこの手の作品は、新人の登竜門であり、それなりの地位の俳優さんは出しにくい。

例えば仮面ライダー1号/本郷猛役の藤岡弘氏にしても、(野原ひろみ役の)島田陽子さんにしても、松竹の大部屋にいた全くの新人だったから。

そういう状況の中、叶さんの起用が決まり、当時のテレビ朝日の制作局長には”よく叶さんに出てもらえたね”という評価もいただいたくらい、すごいことだったんですよ」と『ギャバン』が類稀な豪華キャストを揃えた作品であることを説明。

当時の秘話を交えながらゆっくりと話す吉川に、報道陣も真剣な様子で聞き入っていた。

当時『ウルトラマン』シリーズと『仮面ライダー』シリーズ、『スーパー戦隊』シリーズとともに特撮ヒーローの一翼を担った『宇宙刑事ギャバン』。

そのインパクトは強烈なものだったが、吉川プロデューサーは本作、あるいは後に『メタルヒーロー』シリーズとして成長した一連の流れをこう説明している。

「当時、東映がつくったキャラクター路線には、仮面ライダーがあり、戦隊シリーズがあり、それに続く『宇宙刑事』シリーズは何としてもヒット作品にしなければならないという至上命令があった。

その中で、監督、脚本家、特撮監督、アクション監督――当時の私のまわりには”日本最強の精鋭部隊”が揃い、その布陣で実現したのが『宇宙刑事』シリーズ。

それが第3の東映のキャラクターになればという思いはもちろんあったが、現実的に枠の問題で至難だった」しかし、一連の特撮ものが海外で先に火がつき、日本に逆輸入されるというパターンもあり、吉川プロデューサーは早い段階から海外を見据えていたと続けた。

「『宇宙刑事』はヨーロッパで評価を受けた。

だからむしろ日本ベースではなくて、最初から外国でシリーズ化する方が早いんじゃないかなと私は思っていて。ダイナミックプロの永井豪氏も『外国で評価されると1ケタが違いますね』と言っていたのをよく覚えているし、”インターナショナル”に考えなければいけない時代だと思う。