未成年を含む女性達への性加害が告発されたラッセル・ブランド。当時16歳だった女性が新たなインタビューに応じた

写真拡大

英コメディアンのラッセル・ブランド(48)による性加害を告発した女性が、新たなインタビューに応じた。女性は16歳だった当時、ラッセルが運転手付きの『BBC』の車で学校に来て、彼の自宅まで連れて行かれたと主張した。女性はラッセルから虐待的な行為を受けたことにより、「安っぽくて汚れた気分になった」と明かしている。

【この記事の動画を見る】

現地時間16日、英放送局『Channel 4』が放映したラッセル・ブランドに関するドキュメンタリー番組『Russell Brand: In Plain Sight』で、複数の女性達が過去にラッセルから性加害を受けたと告発した。

女性達の主張によると、ラッセルは人気絶頂期だった2006年から2013年の間、米ロサンゼルスにある自宅で女性達に性的暴行を加えていたという。

当時16歳だったアリスさん(仮名)という女性は、車で学校からラッセルの自宅まで送られた後、性的関係を持たされたと主張していた。

そんなアリスさんが、現地時間18日に英『BBC Radio 4』が放送した番組『Woman’s Hour』でインタビューに応じた。その中でアリスさんは、ラッセルが『BBC』の運転手付きの車で来て、彼の自宅まで連れて行かれたことを告白した。

当時のことを、アリスさんは「彼(ラッセル)は自分のラジオ番組に出るという友人を連れていました。彼は私に『車に乗れよ。そこから好きな場所に行けばいいから』と言ったのです。それで私は、BBCの車に乗りました」と振り返っている。

彼女はラッセルと初めて会った時に自分が16歳であることを伝えたものの、ラッセルは「オーケー。じゃあ、7時半に食事に行こう」と答えただけだったそうだ。

アリスさんはその後、もう一度運転手付きの『BBC』の車両に乗せられたそうで、ラッセルのマネージメント・チームからは、彼が自分のゴッドファーザー(洗礼式での代父)であるふりをするように勧められたという。

ラッセルはアリスさんと交際した3か月の間、彼女を“ザ・チャイルド(子供)”と呼んで手なずけ、性的暴行を加えたそうだ。

アリスさんは「私にとって初めての性体験でした。すべてのことにより利用されたと感じたし、安っぽくて、汚れた気持ちになりました」と心情を明かしている。

そして現在、大人になったアリスさんは、ラッセルが当時30歳だったことについて、このように語った。

「彼は30歳でした。私が30代になった今、16歳を見て性的魅力を感じるなんて想像できません。どんな形であれ、彼らを結婚相手の候補として考えることは想像できないのです。」

ドキュメンタリー番組の放送前、ラッセルは自身のSNSに動画を公開し、自分に対する疑惑に反論した。そして「大手マスメディアから攻撃的な手紙とメールを受け取った」と言うと、今回の調査は「メディアによる組織的攻撃の一環だ」と主張した。

アリスさんは、ラッセルが告発を否定したことに対して「侮辱的だ」と述べ、「これがマスメディアの陰謀だとほざくなんて、笑えます。彼だってマスメディアの中から出ていないのに」と付け加えた。

なおロンドン警視庁は他の被害者に名乗り出るよう呼びかけており、現地時間18日には2003年にラッセルからロンドン中心部のソーホーで性的暴行を受けたとする被害届を受理したことを公表した。

画像2枚目は『Russell Brand 2023年9月15日付X「This is happening」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)