Motion Picture (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation, Regency Entertainment (USA), Inc. and TSG Entertainment Finance LLC in the U.S. only. (C) 2018 Twentieth Century

写真拡大

日テレ系「金曜ロードショー」は、フレディ・マーキュリーの波乱に富んだ半生を描いた2018年最大のヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』を6月4日に地上波初放送すると発表した。主演のラミ・マレックのほか、クイーンのメンバーであるブライアン・メイ、ロジャー・テイラーからもスペシャルコメントが届いている。

2018年、世界中で「社会現象」とも言える大ヒット。全世界で1000億円以上、日本でも131億円(一般社団法人 日本映画製作者連盟)の興行収入を記録し、クイーンの現役世代だけでなく多くの若いファンも獲得した事で洋画、邦画を問わず最大のヒットとなった。また第91回アカデミー賞でも、ラミ・マレックの主演男優賞を始め最多4部門を獲得し、文字通りこの年最大の話題作となった。

タイトルの「ボヘミアン・ラプソディ」を始め、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」など、1フレーズ聞けば誰でも分かる珠玉の名曲28曲が登場。本作の音楽プロデューサーはクイーンのオリジナルメンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが務めており、単なる伝記映画にとどまらないミュージック・エンターテインメント作品となっている。

【ラミ・マレック コメント】
皆さんに、金曜ロードショーで「ボヘミアン・ラプソディ」を
ご覧頂けることを、とても嬉しく思います。
We are the Champions !
ありがとうございます。
日本の皆さん、愛しています!

【ブライアン・メイ コメント】
日本のファン、そして親愛なる皆さん、乾杯!皆さんは私たちの人生において
かけがえのない存在です。感謝しています。映画を楽しんでください!!

【ロジャー・テイラー コメント】
日本の親愛なる皆さん、こんにちは。この映画は私たちの
素晴らしい冒険を描いていますが、まだ終わってはいません!

【放送日時・作品情報】
6月4日(金)21時00分〜23時29分 ※45分枠拡大
『ボヘミアン・ラプソディ』(2018 英・米)
◆監督:ブライアン・シンガー
◆音楽プロデューサー:ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー
◆出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョセフ・マッゼロ、トム・ホランダー、マイク・マイヤーズ

常識を打ち破る革新的な音楽を次々と生み出し、スターダムを一気に駆け上がったフレディと仲間たち。今なお語り継がれる劇的なパフォーマンスを披露した彼らの華やかな活躍の裏には誰も知らないストーリーがあった…。数々のヒット曲を放ち、一躍世界的な大スターとなったクイーン。そしてフレディは“史上最高のエンターテイナー”とまで称されるようになる。しかし成功の光に照らされる一方で彼には孤独の影が忍び寄っていた。
繰り返すメンバーとの衝突…崩壊寸前だったバンドは、20世紀最大の音楽イベント“ライブ・エイド”へ出演する事となる。そしてその時、永遠に語り継がれるラスト21分のパフォーマンスに込められたフレディとメンバーの想いと秘められた真実が、観る者の魂を熱く震わせる―。

【今後の放送ラインナップ】
◆4月16日21時『名探偵コナン 異次元の狙撃手』
◆4月23日21時『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』
◆4月30日21時『るろうに剣心』
◆5月7日21時『タイタニック 前編』
◆5月14日21時『タイタニック 後編』
◆5月21日21時『アラジン』※テレビ初放送・本編ノーカット
◆6月4日21時『ボヘミアン・ラプソディ』※地上波初放送・本編ノーカット