「コットン」の西村真二さん(左)

写真拡大

「ラフレクラン」から改名したお笑いコンビ「コットン」が、2021年4月12日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に出演した。

ネット上では、この番組を通じて改めて浮き彫りとなった、ツッコミ担当の西村真二さんのキャラクターに注目が集まっている。

華麗すぎる経歴にスタジオ仰天

この日の番組のテーマは、「しくじり学園お笑い研究部 『ラフレクランがイマイチはねない』を考える」。2019年には若手お笑い芸人の登竜門的コンクール「NHK新人お笑い大賞」で優勝を果たすも、なかなかテレビで「はねない」理由をしくじりメンバーとともに考えるという趣向だ。

コンビのマネージャー直々の持ち込み企画だそうで、「賞レースで結果を出しているのに、テレビで全く売れない」ことを心配しているという。

オードリーの若林正恭さんも「売れなきゃおかしいけど...」と首をひねるが、マネージャー曰く最大の問題は「ボケのきょんさんが先に売れ、自分はそれについていく」というビジョンを持つツッコミの西村さんにあるという。

先輩コンビ「ニューヨーク」からも「西村の変な部分を出したほうがいい」とアドバイスをされているものの、イジられ慣れていない西村さんは上手く乗ることができない様子。西村さんは「僕は自分のことを全く変と思っていないんですよ」と神妙な顔だ。

「西村さんを知らない方のために」とまとめられた西村さんの経歴には、

「水泳ジュニアオリンピック選手」
「高校時代は野球部のエース」
「ミスター慶應グランプリ」
「広島ホームテレビのアナウンサー」
「カトパン(フジテレビアナウンサー)と同期」

の文字が並ぶ。スタジオからは「こんなにすごいの!?」「ええ〜!!」と驚きの声があがっていた。

「ミス慶應の子と付き合ってた」

若林さんから「めちゃくちゃモテたでしょ」と話を振られると、「エグいほどモテました。よくモテたエピソードする人いるけど、レベルは違うと思います」と頷いた。

カトパンこと加藤綾子さんと同期であることについては、「大学で普通に連絡を取り合って......」と語り、スタジオの「平成ノブシコブシ」吉村崇さんが「ミスター慶應がね!うわ〜!」と声をあげると、

「いやいや、自分には彼女がいまして。ミス慶應の子と付き合ってた」

とドヤ顔。ハライチの澤部佑さんは「お前はこっち側来れないって!」、吉村さんは「俺はこんな奴のために考えないよ!」とお手上げ状態だった。

華やかな経歴ゆえに「正直、イジられたことないでしょ」と尋ねられると、「はい。(ポジションは)全学年真ん中にいまして......」と語っていた。

「他人の人生も自分が主役だと思っている」

相方のきょんさんは、西村さんが「経歴とか見てもらった限り『主人公』」であり、周囲のお笑い芸人たちとすれ違っていることにも気づいていないと指摘。

西村さんについて、私服をイジられたくないために「劇場とプライベートで私服を分けている」ことを明かすと、西村さんは「お笑い芸人は服がバチダサい」と語り出した。

私服に黒が多い吉村さんには「おしゃれをそれ(黒)しか勉強してこなかった」、ジャージばかり着ているという若林さんには「ストリート系といえば聞こえがいいですけど」とチクリ。「芸人さんは、おしゃれを勉強していないのにイジってくるからダルいな」と思っていることを明かした。

スタジオ陣からはなかなか理解を得られなかった西村さんだが、お笑いコンビ「アルコ&ピース」の平子祐希さんは「大きく分ければ類似タレントです」として、イジられ慣れていない西村さんに共感しつつ「意外とビジネスチャンスなんだよね」とアドバイスを贈っていた。

「相席スタート」の山添寛さんからの「他人の人生も自分が主役だと思っている」というVTRコメントに周囲は納得するも、西村さん本人だけは「うーん、僕の度合いがハンパないから」と首をひねっていた。

「パーフェクトヒューマンなんだ!」

西村さんは「(自分は)何か一本に絞れば、トップになれる」と思っているものの、「お笑いに関しては正直、今手探り」だという。しかし、お笑いでも戦っていける自信があるようで、おもむろに両手を広げる謎のポーズをとり「才能が......お笑い以外にも全才能が集合しちゃっている」と力強く語った。

その姿に、スタジオからは「完成したね」「今光って見えたよ!」「パーフェクトヒューマンなんだ!」と爆笑が起きていた。

ネット上には、西村さんのあまりにも濃いキャラクターに夢中になったという人が相次いでいる。

「ラフレクランの西村めちゃくちゃ面白い!すきだわ(笑)なんだろう、いやみを感じない」
「昨日のしくじり先生神回だったアホほど笑った。ラフレクラン西村ラジオ聴いてたけどあんなだったのか」
「天性の一軍の陽キャがこんだけいじられてんのめっちゃおもしろいな」