左からインバル・ピント、 アミール・クリガー、 藤田貴大、 大友良英 提供:ホリプロ

写真拡大

村上春樹の小説『ねじまき鳥クロニクル』が舞台化され、2020年2月から東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスで上演される。

【もっと大きな画像を見る】

1994年から1995年に刊行された長編小説『ねじまき鳥クロニクル』。舞台版では演出・美術・振付をイスラエルのインバル・ピント、脚本・演出をアミール・クリガーと、マームとジプシー主宰の藤田貴大が担当する。音楽は大友良英。インバル・ピントは、ミュージカル『100万回生きたねこ』や『百鬼オペラ「羅生門」』を手掛けたことでも知られている。

キャストやチケットなどの詳細は後日発表。

■インバル・ピントのコメント
大好きな日本でまた仕事をさせてもらえることをとても嬉しく思います。
村上春樹さんのスケールの大きな物語を凝縮し、ドラマ性やミステリー要素を失わずにダンス、音楽、テキストなどの表現を用いて舞台化するのは、大きな挑戦です。
アミール・クリガーさんとは、お互いに持っている世界観が近いということはわかっていますが、一緒に仕事をするのは今回が初めてです。打ち合わせを重ねる中で、彼と共に作品をより深いものにし、一人ではたどり着けないような領域に達することができるだろうということに気づき始めています。
まだ多くの時間を共有できていませんので第一印象にはなりますが、藤田貴大さんは聡明で優しい方だと思います。
大友良英さんはこれまで私がご一緒したどの音楽家とも違った方法で音楽を作り出す方なので、この作品ではどんな音が生まれるかとても興味深いです。
好奇心を刺激するクリエーターの皆さんとの共同作業をとても楽しみにしています。

■藤田貴大のコメント
村上春樹さんが「ねじまき鳥クロニクル」で扱っている30代の男性は自分と同じ世代で、今自分が取り組みたいモチーフと一致しているから、とても興味があります。
今回一緒に演出をするインバル・ピントさんの作品を過去に観て、その世界観に惹かれて、彼女の創作現場を見てみたいと思いました。そして、今までも作品を共に作ってきた大友良英さんとの新しいクリエーションもとても楽しみです。