2008年12月のミアー戦以来、UFCで2度目の敗戦を喫したノゲイラ。カウンター気味に下から交錯するようなパンチを叩き込んだベラスケスはMMA無敗の8連勝を樹立した

写真拡大 (全5枚)

2月21日(日・現地時間)、UFC初進出となるオーストラリアのシドニーではUFC110「Nogueira vs Velasquez」が開催された。

98年10月のブラジル・サンパウロ大会以来、11年と4カ月ぶりに赤道を越えるUFC。同大会では、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、ヴァンダレイ・シウバ、そしてミルコ・クロコップという、かつて日本のPRIDEを席巻した三巨頭が揃い踏みを果たした。

まず、PPVオープニングマッチに出場したミルコは、対戦予定だったベン・ロズウェルが直前の負傷欠場、地元の組み技系ファイター=アンソニー・ペロッシュと対戦した。ミルコの打撃を警戒し、オクタゴンで距離を取り続けるペロッシュを仕留めるのにやや手間取ったものの、グラウンドのヒジ打ちでその額を叩き割ったミルコが、2R終了時にドクターストップにより勝利。UFC戦績を3勝3敗の五分に戻した。

また、セミファイナルに出場したシウバは、ミドル級へと階級を下げ、英国の雄マイケル・ビスピンと対戦。序盤こそビスピンのテイクダウンにペースを握れずにいたが、要所でラッシュを仕掛けつつも、冷静なゲームコントロールでばん回。試合終了間際には大きな右フックでビスピンからダウンを奪い、堂々の判定勝ちを挙げると、試合後には「皆、悪い時ってあるんだ。神を信じて練習を続けた」と涙を浮かべて語った。

その一方、メインイベントでは、ノゲイラがAKAの新鋭ケイン・ベラスケスにまさかの140秒失神KO負け。スタンドで打撃の交換から始まった一戦だが、ノゲイラのパンチにベラスケスが下から交錯するように右ストレートを打ち込みダウンを奪うと、追撃のパウンドで勝負あり。ベラスケスがUFC無傷の6連勝を飾った。

その他にも、第7試合では地元のジョージ・ソティロパロスが、ライト級コンテンダーの一角ジョー・スティーブンソンを破る大金星をゲット。打撃&テイクダウンからパス、ポジショニングと切れのある動きでスティーブンソンを制した。全試合結果は下記の通り。

■関連リンク
PRIDE三巨頭が揃い踏み!初の豪州大会は日本上陸に大きく関係?
旧PRIDEスター揃い踏み、負けられない一戦
公開計量、ノゲイラは体調良好、シウバは迫力満点の睨み合い

<UFC110 Nogueira vs Velasquez 全試合結果>

第9試合 ヘビー級/5分3R
○ケイン・ベラスケス
(米国)
1R2分20秒
TKO
詳細はコチラ
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ×
(ブラジル)
第8試合 ミドル級/5分3R
○ヴァンダレイ・シウバ
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
マイケル・ビスピン×
(英国)
第7試合 ライト級/5分3R
×ジョー・スティーブンソン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジョージ・ソティロパロス○
(豪州)
第6試合 ライトヘビー級/5分3R
×キース・ジャーディン
(米国)
3R2分10秒
TKO
詳細はコチラ
ライアン・ベイダー○
(米国)
第5試合 ヘビー級/5分3R
○ミルコ・クロコップ
(クロアチア)
2R終了
TKO
詳細はコチラ
アンソニー・ペロッシュ×
(豪州)
第4試合 ライトヘビー級/5分3R
×ステファン・ボナー
(米国)
3R1分4秒
TKO
クリストフ・ソジンスキー○
(カナダ)
第3試合 ウェルター級/5分3R
○クリス・ライトル
(米国)
1R1分41秒
膝十字固め
詳細はコチラ
ブライアン・フォスター×
(米国)
第2試合 ミドル級/5分3R
○CB・ダラウェー
(米国)
3R終了
判定
ゴラン・レジック×
(クロアチア)
第1試合 ライトヘビー級/5分3R
×イゴール・ポクライェク
(クロアチア)
3R3分26秒
TKO
ジェームス・テフナ○
(ニュージーランド)