麻生財務相(撮影・桜井修)

写真拡大

 4億8682万円。このほど公開された麻生太郎副総理兼財務相の資産である。麻生サンといえば、仕立てのいいスーツにボルサリーノ姿の“ギャングスタイル”。これはもはや彼の代名詞であり、米紙でも紹介されたほどだ。

 喜寿にしてなおオシャレを貫く伊達者というのが世間からの見方だったが、森友文書改ざんで「サガワ」を連呼したあたりから、ギャングよろしく“お尋ね者”となってしまった。金満。傲慢。そんな誹(そし)りを受ける彼は、1日を終える前につかの間の休息を得るため、ある女性が営む酒場へと足しげく通っている。資産とは別会計の、びっくりするような額の政治資金をつぎ込んで――。

 掲載の写真は六本木の外れ、ひっそりとした一角でしばしば見られる光景だ。べらんめえ口調で国会を沸かし、自席では官僚のムズカシイ話を捌き、ようやっと帰途につく時間。彼はかなりの頻度で、雀部(ささべ)敏子ママがオーナーの会員制サロン「ボヴァリー」に寄っている。何度か同席した政界関係者曰く、

「店では、麻生さんは非常にリラックスしてカウンターでグラスを傾けながら、葉巻を楽しまれていました。雀部ママは、そばにいても話しかけるわけでなく、静かに見守っているんです」

麻生財務相(撮影・桜井修)

 2人の様子からは、“長年の信頼関係”を強く感じるという。元モデルで銀座の高級クラブも手がけた美女と伊達男。過去に深い仲だと報じられたものの、センセイは柳に風と受け流し、いまも足を運ぶ。しかしこの尋常ならざる事実はどうだろう。2016年までの3年間で、麻生氏の資金管理団体「素淮(そわい)会」から雀部ママの会社に2416万円もの額が支払われているのだ。

 その事情を彼女に訊ねても、「交際もしていないし、店にもいらしてないです」とおっしゃる。まァそう答えるしかないんでしょう、と諦め顔の政治部デスクは、麻生氏周辺には近ごろ別の懸念も漂っていると明かす。

「財務省が改ざんを認めて以降、麻生さんは泥酔することが多かったといいます。ブランデーやウイスキーを飲まれるので、ロッキード事件のときに痛飲して脳梗塞になった田中角栄のようになりはしないか、と」

 2400万円はとうてい看過できないが、“命あってのボヴァリー”ともいえよう。

「週刊新潮」2018年4月12日号 掲載