全米オープンテニス、男子シングルス2回戦。悔しがるダニエル太郎(2017年8月31日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2017)は31日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランキング121位のダニエル太郎(Taro Daniel)は6-4、3-6、2-6、2-6で大会第1シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)に敗れ、3回戦進出はならなかった。

 世界1位のナダルが今季51勝目を挙げた一方、24歳のダニエルはトップ10選手との対戦成績を0勝4敗に落としている。四大大会(グランドスラム)で通算15回の優勝を誇るナダルは次戦、レオナルド・メイヤー(Leonardo Mayer、アルゼンチン)と顔を合わせる。

 同大会が開催されるニューヨーク(New York)出身のダニエルは、第1セットを奪うと、第2セットでも先にブレークに成功したが、最後は3ゲームを連取されてこのセットを落とした。

 第3セット以降は主導権を握って優勢に進め、2004年大会以来となる2回戦敗退は免れたナダルは試合後、「1セットダウンで、2セット目も先にブレークを許す展開となったが、好機もたくさんあった。だからしっかりと試合を続ければ、そうしたチャンスを生かせると思っていた」と振り返った。

 大会初戦では地元ワイルドカードのトミー・ポール(Tommy Paul)をフルセットで破っていたダニエルだが、自身初のグランドスラム3回戦進出とはならなかった。
【翻訳編集】AFPBB News