(写真:gettyimages)

写真拡大

4日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)で、フィギュアスケート選手の、五輪出場までの驚きの支出金額が明らかとなった。

番組には、プロフィギュアスケーターの荒川静香高橋大輔鈴木明子がゲストとして出演し、フィギュアスケートの裏事情を紹介していった。その中で、「フィギュアスケートはめちゃくちゃお金かかる」として、読売新聞の調査結果が取り上げられる。5歳からフィギュアスケートを始め、20歳で五輪に出場したと仮定しても、年間約840万円、総額約1億3500万円もかかるというのだ。

この調査結果について、鈴木は一概には言えないとしながらも認め「まずスケート靴にお金がかかる」と明かす。靴だけで5〜7万円、靴の刃は別で約10万円するというだ。さらに荒川によると、「選手のときは2、3カ月」で靴を替えていたと振り返り、相当な金額を費やしたと説明した。

また、衣装代もかなりするそうで、荒川は「100万円以上のスケーターもいます」と紹介する。場合によっては母親が衣装を縫っている選手もいるそうで、荒川も「私は大学生まで母でした」と厳しい世界だったことを匂わせていた。

すると嵐・櫻井翔が「荒川さん、(五輪で)メダル取るちょい前くらいじゃないですか!?」と指摘する。他にもコーチ代や振り付け代、海外遠征費用など、いろいろとかかることが紹介され、スタジオには驚きの声があがっていた。

【関連記事】
村主章枝氏 今気になっている女性タレントを明かす
安藤美姫 世界選手権で恋人が羽生結弦を破り逆転優勝したことへの本音明かす
羽生結弦らフィギュアスケート選手の過酷な体重管理 500グラム増でも競技に支障