もう買って後悔しない!スタイリストが解説する「“ファッション福袋”必勝法」

写真拡大

お正月といえば“福袋”。

スタイリストがこっそり教える、セール品を「いつもよりお得に賢く買う」方法

ここ数年の福袋は、事前予約やネット購入が当たり前になってきましたが、前日深夜から年始早朝にかけて長蛇の列ができるショップもいまだにあるのをみると、福袋人気は衰え知らずです。

お正月ならではの恒例イベント、といったところでしょう。

そんな1年に1度だけ買うことができ、開けるのがワクワク楽しみな福袋。

とにかくいかに得して、いかに満足度の高い福袋を買うことができるかが、一大テーマでもありますよね。

そこで今回は、買って嬉しいファッション福袋の選び方を、スタイリストの筆者がご紹介します。

1:最も狙い目福袋はコレ!

最近の福袋は、中身が予め見える福袋が定番になってきましたね。

中身を数種類からいくつも選択できる福袋や、アウターなどメインアイテムを一つ選択できる福袋、さらには色を指定することができる福袋など、福袋といっても買う側に選択の自由があると、「何も着られるものがない」「何も好きなものがない」といった福袋のデメリットが解消され、安心して買うことができる福袋として定着しています。

しかし、福袋を買ってがっかりすることがない安心感がある分、福袋を開けたときの本来のワクワク感やドキドキ感が薄らいでしまうのはとても残念なこと。

そこで、福袋ならではの“開けるまでのお楽しみ”感を得られつつ、少しでも当たりの確率が高い福袋を買いたいという、特定のブランドに興味がないこだわりなしの女性にぴったりの意外な狙いめ福袋を提案。

それは、“昨年スタートしたばかりのブランドまたはショップが販売する福袋”。

まだファンが定着していない新規ブランドやショップは、とにかくイメージアップを必要としているため、福袋のように話題性のある商品には、おのずとイメージアップにふさわしい魅力的な商品が入ります。

福袋専用の商品ならば誰もが欲しくなる商品を入れ、在庫を入れた福袋ならオープン仕立てということもあり、入る商品はごく最近の商品ばかり。

ブランドやショップによっては、福袋販売同日に行うセールで売られている同じ商品を入れていることもあり、価格的には一番お得に買えるということもあるかもしれません。

2:高いの、安いの、どっちが得なの?

同じブランドやショップで価格が違う福袋が販売されている時、安い方、高い方、どちらを買いますか?

例えば、20代〜30代女性が躊躇なく購入するファッション福袋の価格帯は、おおよそ5千円から1万円。

仮に同じショップで2万円と1万円の福袋があったら、ほとんどの女性が1万円を購入し、予算が2万円となれば2万円の福袋を1つではなく、1万円の福袋を2つ買ってしまうもの。

しかし、この1万円の福袋には注意。

ファッション福袋としては‟衝動買い”しやすいお手頃価格だからこそ、誰でも買いやすい福袋は中身が‟質より量”の場合が比較的多いわけです。

そこで先ほどの例で考えると、さくっと衝動買いしにくい2万円の福袋は断然‟量より質”。

福袋自体の用意数が少ない、価格が高めに設定された福袋は、最初に挙げたことと同じく‟ショップイメージ”そのものなのです。

仮に1万円福袋と同じ商品を入れていても、2万円の福袋には人気の色を入れたり、売れ筋の高額商品や普段セールにならない商品を入れているため、結果高い福袋のほうがショップへの好感度が高くなる品揃えなのです。

もし福袋を買おうと思っているショップが価格の違う複数の福袋を出していたら、迷わず金額が大きい福袋を買ってみてくださいね。

以上、買って後悔することを未然に防げるファッション福袋必勝法。

福袋を買ったことがない方も、この記事を参考に買ってみてはいかがでしょう?