(C) 宇多田ヒカル Getty Images

写真拡大

20日放送の「NEWS ZERO」(日本テレビ系)で、宇多田ヒカルが、東京の育児環境についての印象を語った。

番組では、宇多田がゲストで登場し、自身の創作活動などを語る中、子育ても話題に上った。2015年、宇多田はイタリア人男性との間に男児をもうけ、イギリスの首都・ロンドンで育児に励むかたわら、創作活動をしているという。

そんな宇多田は、「日本で子育てをしたことがないので、私の認識が間違っている可能性もあるんですけど」と前置きした上で、「東京って、なんて子育てしにくそうなんだろうって、ビックリしてます」と印象を語った。

宇多田は、東京で暮らし子育てをする友人の話を聞いたことがあるという。「外で赤ちゃんが泣いてたら、すごく嫌な顔される」「ベビーカーを持って外に行って乗り物とかに乗ると、周りがまったく協力してくれない上に『なんだよ、こんな時間に』みたいな視線を投げかけられたり、実際に嫌なこと言われる」などと、話に聞いた体験談を列挙していく。

宇多田は「赤ちゃんが生まれて国が成り立っていくのに」「将来自分の年金を払う人になってくれるのに」「なんで、ちょっと泣いてるぐらいで嫌な気持ちになるんだろうとか、すごく不思議です」と、感想をこぼした。

一方、ロンドンで一番いいと思うこととして、宇多田は母親と赤ん坊がどこにでもいることを挙げた。きちんとしたレストランで授乳しても誰ひとりとして嫌な顔をしない、とのことだ。

【関連記事】
マツコ・デラックスが少子化対策で「国が責任を持って育てる制度」を主張
恵俊彰が育児に協力しなかった過去を告白 北陽の虻川美穂子は反発
梅沢富美男がマジギレしながら男性政治家の育児休暇を完全否定