2画面使いを可能にするiPhoneケース「Popslate」の新ヴァージョンが登場

写真拡大

携帯カバーでありながら、ケータイ背面に「E Inkディスプレイ」搭載、そしてケースを充電でき予備バッテリーにもなる。あまり評価のよくなかった初代モデルから大幅に機能を巻き返しを図り、iPhone専用ケース「popSLATE2」が進化を遂げる。

SLIDE SHOW 「2画面使いを可能にするiPhoneケース「Popslate」の新ヴァージョンが登場」の写真・リンク付きの記事はこちら
popslate02

2/8PHOTOGRAPH COURTESY OF POPSLATE

popslate03

3/8PHOTOGRAPH COURTESY OF POPSLATE

popslate04

4/8PHOTOGRAPH COURTESY OF POPSLATE

popslate05

5/8PHOTOGRAPH COURTESY OF POPSLATE

popslate06

6/8PHOTOGRAPH COURTESY OF POPSLATE

popslate07

7/8PHOTOGRAPH COURTESY OF POPSLATE

popslate08

8/8初代モデル。
PHOTOGRAPH COURTESY OF POPSLATE/WIRED

Prev Next

携帯電話の背面に電子ペーパー「E Inkディスプレイ」を搭載したiPhoneケース。約3年前の初代「popSLATE」が世に問うた魅力的なアイデアだ。多くの“第1世代クラウドファンディング製品”がそうであるように、当時のオリジナルケースは正直期待外れだった。

だが、今回新たに発売される第2世代「popSLATE2」はかなり有望な軌道修正がなされたようだ。

昨年春に最終的に製品化されたオリジナルpopSLATEは確かに宣伝のうたい文句通りではあったが、日常使いするケースとしては厳しい代物だった。iPhone 6本体とは別々のケーブルで充電しなければならなかったり、携帯電話のアプリから送られた画像しか表示できなかったり…。結局、自動で画像更新できるようIFTTT(イフト)による助けを得られることとなったが、それでももっとデジタル化へ機能性を拡張する必要がある(その追加費用をうだうだ正当化するよりも)。

新しいpopSLATE2は、この懸念に対し何も約束してはいないが、積極的に多くの機能を追加している。単にちょっと改良して洗練されたというだけでなく、“進化”しているのだ。

バッテリー、薄さ、拡張性

まず、popSLATE2自体がバックアップバッテリーになる。通話時間を9時間(ブラウジング時間を4時間)まで追加できるわけだ。厚さは、第1世代比で約半分にまで薄くなっている。さらに、ディスプレイ自体も改善されている。今回もディスプレイには飛散防止機能があり、従来のバージョン115dpiから200dpiになっている。また、ディスプレイ下にある3つのタッチ式ボタンで、アプリの切り替えやコンテンツ内でのスクロール操作が可能だ。

ハードウェアのアップグレードよりも重要なポイントは、新たに追加されたそのソフトウェアのスマートさにある。

それは初代モデルでの静止画像を見たり、IFTTTをぎこちなく使うというやり方ではなく、数個の便利なアプリで直接ディスプレイを操作するという使い方だ。背面ディスプレイをカスタマイズするには専用アプリをダウンロードする必要があるが、選択肢は拡大した。

共同創設者のグレッグ・ムーンは語る。「『New York Times』やTwitter、Accuweather、そしてGoogleカレンダー。発売時には、これらパートナーとのコンテンツ連携が予定されています。スポーツ分野や株式ニュースとのパートナーシップも考えています」

「初代モデルでのユーザーのIFTTT使用状況に基づいて、どのアプリや分野がいいのか選定しました」とムーン氏は言う。ニュースや天気、そしてソーシャル機能。そして、導入される予定のスポーツや金融に加えて、将来的には、ウェアラブルやIoTデータアプリも期待されている。popSLATE2には、飛行機の搭乗券やコンサートチケットなどをバーコードやQRコードで表示するウォレット機能もある。

さらなる挑戦は続く

しかし、何でも完璧にできるわけではない。これでAmazonの電子書籍を見ることはできないのだ。電子書籍リーダーとして使用できるのは、現在のところ、無料の電子書籍リソース「グーテンベルク(Project Gutenberg)」のみだ(ほとんどがパブリックドメインの古典を特集している)。将来のKindleへの対応に確証をもてないとはいえ、ムーン氏は電子書籍の選択の幅が拡大することには自信を見せている。

「そのほかの電子書籍プロバイダーとも協議中です」とムーン氏は語る。「残念ながら、機密保持のため現時点では明らかにはできませんが。結果、当社の電子書籍ソースとサポートされるファイルフォーマット規格EPUB(イーパブ)を含めたフォーマットは、発売後、実質的に拡大されることになるでしょう」

「発売後」に関しても、別の小さな懸念材料がある。初代モデルと同様、新しいpopSLATE 2はクラウドファンディング製品である。Indiegogoコンセプトが懐疑的な面がある一方で、チームがすでに初代モデルを市場に投入しているという実績は、少なくとも第2世代にとって少なからず自信を与えるというものだ。販売価格149ドル(初期の支援者は69ドル)で、今年7月に出荷される。

第2世代に搭載される「E Ink」ディスプレイは、これと言って新しいものではない。これまでに、Yotaphoneという会社がハンドセット自体に内臓したことがある。popSLATE2がこういった大いなる改善を本当に実現したら、良いプロダクトをかなり素晴らしいかたちとして実現することになるだろう。