美しい廃墟×行ける工場夜景、写真展が東京で開催 - 工場夜景を見に行けるアクセスブックも

写真拡大

東京・浅草橋のギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」で、2015年に開催された2つの人気企画「変わる廃墟展」と「行ける工場夜景展」をミックスさせた合同写真展「変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展」を開催する。会期は2016年3月12日(土)から4月3日(日)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

従来のイメージを覆す美しさで3,000人以上を動員した「変わる廃墟展」と、“今すぐ見に行けるアート”として注目を集めた「行ける工場夜景展」。「変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展」では、2つのテーマで集めた作品を同会場に展示する。作品数は全300点以上で、そのほとんどが新作のため、前回の来場者も楽しむことができる。

テーマは「静かな廃墟 VS 賑やかな夜景」。「廃墟」と「工場夜景」は、ともに建築物のひとつの姿で被写体として人気の高いジャンルだ。しかしそれらの魅力は相反しているから面白い。廃墟は朽ち果てて行く静かな美しさ、工場夜景は夜も賑やかに動き続ける生きる美しさをそれぞれ有しているのだ。

会場では、数量限定公式ガイドブックを発売。展示されている工場夜景へすぐ行けるアクセスマップを収録し、両面表紙となる豪華装丁の冊子となる。他にも、人気アーティストとコラボレートした缶バッチ、クリアファイルなどのグッズも多数用意。

【企画展概要】
廃墟・工場夜景の合同写真展「変わる廃墟VS行ける工場夜景展」
開催時期:2016年3月12日(土)〜4月3日(日)
時間:11:00〜19:00
休館日:月曜日(※3月21日(月)祝日は開館)
会場:TODAYS GALLERY STUDIO
住所:東京都台東区浅草橋5-27-6 5F
入場料:500円(3歳以下は入場無料)
出展者:15組(予定)