画像はイメージです
				リアルライブ

江戸時代の人が考えた病気の妖怪 現在でも残る「疫病神」の名

ざっくり言うと

  • 江戸時代の人が考えた病気の妖怪「風の神」について、筆者が解説した
  • 風に乗って各地に現れ、人を見れば口から黄色い息を吹き掛けるという
  • 中国から飛来する黄砂を指し、風による疫病発生などを暗示しているとも

ランキング

x