FIFAランク33位の日本は10日、敵地で同135位のミャンマーを2―0で下し、W杯アジア2次予選を快勝発進した。森保一監督(51)は後半36分に最後の交代枠で途中出場したMF久保建英(18)=マジョルカ=は所属元のRマドリード(スペイン)に来年の東京五輪出場の意向を伝え、クラブも了承したもようであることが判明した。56年ぶりの東京五輪で久保の姿が見られる可能性が高まった。協会関係者によると、