2018年2月、韓国で開かれた平昌オリンピックの女子アイスホッケー競技で、南北合同チームの試合観戦に訪れたときの金与正氏(写真:AP/アフロ)


(朴 承萊:在ソウルジャーナリスト)

「『愛の不時着』は、共和国を謀略し、共和国の地位を低下させる連続劇(ドラマ)だ」

 これは北朝鮮のNo2、金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長が幹部たちに向かって話した言葉だそうだ。韓国で同ドラマの放映が終わってから1カ月足らずだが、北朝鮮消息筋によれば、金第1副部長は、北朝鮮内部でこのように怒っていたという。

 北朝鮮は与正氏の激しい「言葉の爆弾」で南北共同連絡事務所の爆破を予告した3日後となる6月16日、実際のその言葉を実行に移し、韓国に大きな衝撃を与えた。その後も非武装地帯への部隊展開などをチラつかせ韓国にプレッシャーを与えたが、金正恩(キム・ジョンウン)委員長は一転して軍事行動留保を指示。これによってとりあえず南北の緊張は沈静化したものの、事態が完全に収束されたとはまだ言えない。

 この時に粗暴な言葉を駆使した与正氏が、最近、日本でも人気の韓流ドラマ『愛の不時着』を見たのだという。与正氏の乱暴な口撃とドラマ愛の不時着のイメージがなんとなく不釣り合いな感じがするが、どうやら『愛の不時着』の影響力は、北朝鮮でも無視できないほどになっているらしい。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

韓国、日本、そして北朝鮮でも人気沸騰

『愛の不時着』は、ある日パラグライダーで飛行中に嵐に巻き込まれ、北朝鮮に不時着した財閥相続女ユン・セリと、彼女を隠し、愛することになる北朝鮮の特級将校リ・ジョンヒョクの極秘ラブストーリーを描いたドラマだ。韓国のtvNで2019年12月14日から2020年02月16日まで放送された16回のドラマだ。最高視聴率は21.7%(ニールセンコリア)という大人気ドラマである。日本でもNetflixで配信され、人気を博しているのでご存じの方も多いだろう。

(Netflixより)


 人気は、北朝鮮でも相当なものだという。

 最近、北朝鮮の若者の間では、「サブル見た?」という言葉が流行っているという。北朝鮮の市民が韓国ドラマや映画を密かに見ることは罪になる。そのため、取り締まりの警察や保衛員などが聞いてもわからないように、「サランウィ・ブルシチャク(愛の不時着)を見たか?」という言葉の一番前の「サ」と「ブル」に略して使っているのだという。

 これと同じように、「防弾少年団(BTS)のミュージックビデオを見たか?」という言葉は、「鉄甲帽をかぶってみたか」と尋ねるという。防弾というイメージから鉄甲帽という単語が使っているようだ。

 北朝鮮は、市民が目にする労働新聞や朝鮮中央テレビなどすべてのメディアで、海外のニュースは一切流さない。サッカー国家代表チームが外国で試合するときの中継放送でも、映すのは選手たちが走るグラウンドと北朝鮮チームの応援団の姿だけ。他を映してしまうと、北朝鮮市民と自由で豊かな外国人の姿をどうしても比べてしまうからだ。

 そのため、北朝鮮市民は、外部世界の消息に常に渇望している。だから、厳しいメディアの統制の中で生活する北朝鮮市民は、特に韓国のドラマや映画、K-popに熱狂しているという。中朝国境から密かに入ってくる韓国のDVDやCDなどを購入して親しい人たちの間で回して観ているのだ。

 もちろん見つかれば取り締まりの対象だ。摘発されれば強制収容所行きなど厳しい処罰を受ける。

北朝鮮の暗部が描かれたことに激怒

 そのような危険を冒しながらも北朝鮮市民が韓流に熱狂するのは、カルチャーショックがそれほど強いことを物語っている。『愛の不時着』にはもちろん韓国の自由な生活、資本主義的生活の場面もふんだんに登場する。そこに北朝鮮の市民が強い憧れを抱くことは、当局にとって許せないことだ。だがそれ以上に北朝鮮当局にとって見過ごせないのは、このドラマの中で、北の保衛部が密輸や麻薬取引に手を染めている、北には拷問があるという“実態”が描かれていることらしい。だからこそ、北朝鮮当局は、このドラマが広く国民の目に触れるようなことになる事態を極度に恐れているのだ。金与正氏の冒頭の言葉も、その表れと言えるだろう。

 ところで、北朝鮮でこのような韓国の大衆文化の視聴習慣が始まったのはここ最近のことではない。しかも、その先駆けとなったのは、外国のドラマや映画、特に韓国のエンターテインメントに触れられないように取り締まるよう指示を出している金一族の公邸だ。北朝鮮で韓国のテレビが初めて見られた場所は、金正日(キム・ジョンイル)総書記の公邸と考えて間違いない。

韓国のテレビに夢中だった金正男氏

 興味深いエピソードがある。2017年2月、マレーシアの首都クアラルンプール空港で北朝鮮の工作員らとその手下によって暗殺された金正男(キム・ジョンナム、金正日総書記の長男)氏の幼少期のことだ。

 正男氏が7歳の時、韓国のテレビ界では有名コメディアンの李周逸(イ・ジュイル)氏が人気絶頂だった。この韓国のコメディ番組に熱狂していた正男氏は、父親(金総書記)とその周囲の人々に「李周逸氏を連れて来い」と駄々をこねた。その当時、すでに正男氏は軍服(正服)に4つ星を付け、幹部たちには「将軍様」と呼ばれていた。まだ正男氏が王子の待遇を受けていた時代だ。

 幼い正男氏の「李周逸氏を連れて来い」というわがままに抗しきれず、金総書記の公邸の執事(秘書)らは北朝鮮全土から李周逸氏そっくりの男性を探し出し、緊急手配して平壌に呼び寄せた。そして、その男性に例のコメディ番組を見せ、そのコメディアンの真似をするように特別練習をさせたのだった。

 特訓の末、李周逸氏に扮した男性が、ついに正男氏の前でコメディを披露することになった。そして、そのそっくりさんの芸を見るや否や、正男氏はニヤリと笑った。正男氏はその男がニセモノであることにすぐ気付いたのだ(出所:李韓永著、著書『大同江ロイヤルファミリー・ソウル潜行14年』。李韓永[イ・ハニョン]氏の本名は李一男。氏は金正男氏の従兄弟で、正男氏の母・成螵琳[ソン・ヘリム]の姉・成螵琅[ソン・ヘラン]氏の息子である。80年代に韓国に亡命)。

 このように、北朝鮮における「韓流」の源流は、他ならぬ最高指導者の公邸だったと言っていい。もちろん言い訳として、金総書記らが「知彼知己者百戦不殆」(彼を知り己れを知れば、百戦殆うからず)とばかりに、敵(韓国)を知るためにパラボラアンテナを立てて韓国のテレビを視聴したというなら、名分は悪くないだろう。だが事実は何ら変わらない。

 正男氏と関わる韓流エピソードをもう一つ挙げよう。2017年、正男氏がマレーシアで暗殺された直後、筆者がマカオで取材していた過程で聞いた話だ。韓国で1997年当時、公共放送局のKBSで放映した歴史ドラマ『龍の涙』が人気だったが、正男氏はマカオでこのドラマビデオ全回分を購入して平壌の父・金総書記に送ったという。朝鮮の太祖・李成桂(イ・ソンゲ)が剣をもって国を建てた過程を描いているドラマだが、王子の兄弟同士の争いも多く起こる。もしかすると、金正恩委員長も正男氏が送ってきた録画のVTRを見て触発されたのかも知れない。

 韓国の大衆文化に対する北朝鮮指導部のエピソードはもっとある。金正日総書記は、「宴会政治」で有名だ。労働党と軍幹部、国家保衛省、人民保安省(警察)など政府機関の「お気に入りの幹部(部長または、副部長級)」50人を選抜し、毎週金曜日の夜から宴会を始め、長くなれば日曜日まで続いた。むろん宴会は夜だけ行われた。金総書記はこの宴会の席で必ず歌っていたのが韓国の歌だったという。韓国のテレビが金総書記にも相当影響を与えていたようだ。

 金総書記が韓国テレビを視聴したことを物語るエピソードは他にもある。2000年6月、金大中(キム・デジュン)大統領(当時)が北朝鮮を訪問して史上初の南北会談が開催された。当時、韓国のテレビは韓国を出発するところから始まって、ほぼ終日生中継した。

 金総書記も韓国の生中継を見ていたようだ。平壌に到着した金元大統領に言葉をかけた金総書記は、生中継を見ていなかったら分からないような、金大中氏の韓国での出発状況などを詳細に描写して話を盛り上げたという。お客(金大中氏)がどのような様子でやって来るのか気になって、ずっと韓国のテレビを見ていたのだろう。

金正恩氏も韓国芸能界に精通

 このような北の中枢部における「韓流」の浸透は、現在の金正恩委員長の代にまで続いている。

 2018年4月、板門店での南北会談の前に雰囲気を盛り上げるため、平壌で『春が来る』という芸術公演が行われたのだが、ここで韓国の人気歌手たちが北朝鮮に入って公演をした。この時、金委員長は父親の金総書記が好んだ歌手が来ることを希望したという。ところが、公演コンセプトと合わず、希望していたトロット(韓国演歌)歌手の合流が実現しなかった。おそらく金委員長は、父・正日氏との記憶を思い出しながら、あの世の父へ自らの成果を報告したかったのではないだろうか。

 また大衆文化というわけではないが、北朝鮮の対南担当部署である統一戦線部は、昔から韓国のメディアの報道内容をつぶさに観察している。そして韓国の新聞論調を自分たちの政策に数多く反映してきている。

 韓国の新聞が、これから北朝鮮が主張するであろう問題について深層分析すれば、北朝鮮はその新聞の分析をそのまま真似て、韓国側に主張することがしょっちゅうあったのだ。韓国の新聞が分析して予想する「韓国にとってもっとも厄介な展開」を、北朝鮮がそのままなぞって韓国を苦しめて来た、というわけだ。

 北朝鮮当局は、一般の市民に対しては「黄色の波」(資本主義の風潮)を遮断するために、韓国など外国の大衆文化に接することができないよう取り締まっているが、実は韓国メディア、韓流の影響を一番受けているのは幹部たちなのだ。その彼らが、北朝鮮当局による配給なしに育った「ジャンマダン世代」が『愛の不時着』を不法視聴するのを防ぐことができるのだろうか。

 南北共同連絡事務所の爆破は、金与正第1副部長が見せた「南北協力の“不時着”」の帰結とも言える。現在、南北関係は小康状態になってはいるものの、おそらくまた金与正氏の指示で、韓国に対して何らかのアクションがあるはずだ。次はどのような「不時着」が韓国を襲うことになるのだろうか。

筆者:朴 承萊