『バオバオ フツウの家族』 ©Darren Culture & Creativity Co.,Ltd

写真拡大

映画『バオバオ フツウの家族』の予告編が公開された。

【動画と画像を見る(3枚)】

9月28日から公開される同作は、イギリス・ロンドンと台湾を舞台に、子供を望む同性同士のカップル2組の物語を描く作品。ロンドンに住むジョアンとシンディ、チャールズとティムの4人が協力し合って「妊活」を実行するが、体外受精によって双子を授かったシンディが1人で台湾に帰国してしまう、というあらすじだ。シンディ役をエミー・レイズが演じるほか、ジョアン役にクー・ファンルー、チャールズ役に蔭山征彦、ティム役にツァイ・リーユンがキャスティング。『バオバオ フツウの家族』が長編映画デビュー作となるシエ・グアンチェンがメガホンを取った。原題は『親愛的卵男日記』。

公開された予告編には、台湾のバンドFLUXの楽曲“東京大夜逃”を使用。ジョアンとシンディがキスする姿や、ティムがチャールズの頬を両手で挟んで唇を重ねる様子、4人が笑顔で街を歩く場面、チャールズが「僕は女じゃないから愛する人の子を産めない、その苦しみがわかる?」と吐露するシーン、ジョアンの「ゲイとレズビアンは自力で妊娠できない。子供を望んでも私にその機能はない」という言葉などが確認できる。

なお映画の舞台である台湾は、今年5月にアジアでは初となる同性婚を認める法案が可決された。