豪邸建設が遅延のわけは?妻の宮あおい

写真拡大

 庭には高さ5mはある立派な松や、風にそよぐオリーブの木が10本以上植えられている。その優雅な風景の中心には、防音シートにすっぽり包まれた建築中の邸宅が。そこからは、釘を打ち込むドリルの音がひっきりなしに響いている。壁にかけられた建築計画書によると、工事終了は10月1日──しかし、11月中旬となった今もなお、工事の終わりは見えない。

 そこは岡田准一(37才)と宮崎あおい(32才)夫妻の“新居”だ。ふたりは昨年12月23日に入籍。その4か月ほど前の8月から、新居の建築準備は始まっていた。都内でも自然が豊かで極上の住環境を誇るエリアだけに、費用は上物込みで5億円とも報じられた。しかし、今年1月にはあわや建築中止の騒動があった。

「事前調査で、地中から遺跡が見つかったそうです。歴史的に重要な遺跡なら、調査の必要があるため、工事は一時中断に陥りました」(芸能関係者)

 幸いにも大きな影響はなく、遺跡の調査後は順調に工事が進んでいたはずだった。しかし、関係者は新居の完成は年内すら厳しいと言う。そこにはもう1つの理由が。

「新居の設計があまりに斬新で複雑。ベテランの工事業者も手をつけてみたものの、どう作業を進めていいのかわからないとボヤいていました。完成まであと半年はかかるという声もあがっています。さらには、細かい設計の変更も多いようで、ここまでこだわりの強い物件は初めてとも聞きました。それだけに完成した姿も楽しみですが…」(近隣住民)

 宮崎は「わが子を新しい家で迎えたい」と考えていたというが、今年10月中旬に第1子となる男の子を出産。新年を新居で迎えることも難しそうだ。

 多少の計算違いはさておき、家づくりに妥協は禁物。

「共働きの夫婦ですから、宮崎さんのお母さんと一緒に住む設計だったようです。それなのに完成延期になってしまい計画通りに子育ての手をかりることもできず、苦労しているとか。それでもふたりとも、時間はかかっても新居へのこだわりを大切にしているようですよ」(宮崎の知人)

 長男の初節句は、新居で迎えられるだろうか。

※女性セブン2018年11月29日・12月6日号