今年の夏モデルはカメラで選べ!カメラ好きにオススメするカメラスマホのベストバイ

写真拡大

今年も夏スマホの時期がやってきた。既に4月下旬に発売済みのモデルを除くと、大手3キャリアの夏スマホは5月末より順次発売され、これからぞくぞくと販売開始していく。

しかし、毎回悩むのが「どれを買えばいいの?」というもの。

そこで今回はみんながよく使う「カメラ機能」を重視して、夏モデルのどれを買えばいいのか考えていこう。
「風景」「料理」「自撮り」など、カメラ好き、写真好きにオススメする最新スマホはこれだ!

●定番の「Xpera Z4」は3キャリアどれでもおすすめ
最初にオススメしたいのは、もはや定番とも言える「Xperia」だ。
今回発表された「Xperia Z4」は、ドコモ、au、ソフトバンクから発売される予定となっている。

メインカメラは2070万画素と、前モデルの「Xperia Z3、Z3 Compact」と同等となっている。
レンズは広角の25mmレンズを採用し、風景写真などがダイナミックに撮影できるため、旅行先や狭い室内でも快適に撮影できるだろう。
このあたりは「サイバーショット」などデジカメに強いソニーならではの注目ポイントで、最近のトレンドを上手に取り込んでいる。
また、インカメラが220万画素から510万画素へ大幅に強化された。
自撮り(セルフィー)好きに嬉しいスペックアップと言える。

今回、3キャリアから発売される予定のため、「とりあえず迷ったらコレ」と言っても過言ではない。

●それぞれのキャリアでおすすめの1台はこれだ
それでは、「Xperia Z4」以外で写真好きにおすすめのスマホはどれになるだろう。

NTTドコモ
「AQUOS ZETA SH-03G」
(5月28日発売予定)
カメラの画素数こそ、1310万画素と他のモデルと比較すると少なめだが、リコーの「GR certified」を取得しているため絵作りという面では安心できそうだ。「光学式手ぶれ補正」の搭載で手ぶれしにくいのもポイントのひとつ。
注目したいのは「フレーミングアドバイザー」機能だ。カメラ初心者であってもベストな構図で撮影できる。
自撮りで便利なインカメラも、より広角となり広い範囲を写せるようになった。
カメラ初心者に撮影しやすいモデルといって良さそうだ。

・au
「isai vivid LGV32」
(5月29日発売予定)
このスマホ、ちょっとカメラに対して本気出しすぎ?とさえ思えるモデルだ。
その最大の理由は、ここだ。
・F値1.8(数字が小さいほど明るい)レンズ
・デジカメ並の性能を持った光学式手ぶれ補正付きセンサーの搭載

さらに、一眼レフのようなマニュアル撮影機能を売りとしているのも本気度が高い。
マニュアルフォーカスのほか、シャッタースピードまで手動で変更できる。
極めつけは、「RAW」対応だ。普通デジカメでも一眼レフ以上でないと使われないような保存方法まで選択できる点だ。
つまり、「isai vivid LGV32」は、カメラマニアがサブで使えるスマホでもあるのだ。

「HTC J butterfly HTV31」(6月上旬発売予定)
このモデルもカメラ好きにはたまらないスマホと言えるだろう。

まず、リアカメラがサブカメラを搭載した2眼カメラになっている。
そのため。撮影後に”ぼかす”場所を変えるといった独自の操作が可能なのだ。
しかし、注目したいのはインカメラで、なんとリアカメラクラスの1300万画素という高画素カメラを搭載している。インカメラで4K動画撮影も可能なほど高性能なモデルなのだ。
自撮り(セルフィー)好きには、特におすすめだ。


・ソフトバンク
「AQUOS Xx」
(6月下旬以降発売予定)
このモデルも、ドコモの「AQUOS ZETA SH-03G」同様のカメラスペックを誇るモデルだ。
1310万画素光学式手ぶれ補正カメラを搭載し、リコーの「GR certified」を取得している点は共通だ。
しかし、異なるのがディスプレイの大きさ。5.7インチと大型化されているため、撮影した写真をより大きく見られるのが最大のメリットだ。
撮影はもちろんのこと、撮影後に「見る」ことが楽しめる、写真を見るのが好きな人にこそオススメの1台となっている。


以上が、2015年夏モデルでカメラ好きにおすすめしたいスマホだ。
高画質化が進んでいるスマホだが、高画質という高いレベルの中でも、それぞれに個性がある。

カメラが大好きという人には、ぜひカメラにこだわってスマホを選んで欲しい。

2015夏スマートフォン|NTTドコモ
夏のau新スマホ|KDDI
Summer Collection 2015|ソフトバンク
布施 繁樹