日本の処女・童貞率をワシントン・ポスト誌が「文化的に奇妙」と指摘

ざっくり言うと

  • 日本の処女・童貞率について、ワシントン・ポスト紙が「奇妙」だと指摘
  • 「異常に高いうえに、なんとこの10年間ほとんど変化がない」と綴った
  • 日本だけの問題ではなく、世界経済に悪影響を与える大問題だと警告している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング