7月1日の『報道ステーション』(テレビ朝日系)で安藤美姫(25才)が、4月に3350gの女の子を出産していたことを告白してから10日あまり。

 テレビやスポーツ紙、そして本誌でも、父親は現在神奈川県内のマンションで同棲中の元フィギュアスケーターの南里康晴(27才)とお伝えした。しかし、その南里自身が『FRIDAY』の直撃に対して、父親ではないと否定。さらに安藤との関係については交際も同棲も否定。たまたま同じマンションに住んでいる仲だといい、彼女の赤ちゃんにも会ったことがないとした。

「あんなことを言わなきゃならなかった南里さんがかわいそうです。美姫さんが出産した時、すぐに病院に駆けつけて、いちばんに抱っこしたみたいなんですよ。“美姫じゃなく、おれにそっくりなんだ。かわいくてたまらない”って親バカ丸出しで、写真メールを撮ったり、すごく嬉しそうだったのに…」(南里の知人)

 いまだ未入籍状態の安藤。理由は、彼女の母の猛反対が続いていることだった。

「本当は出産前に入籍するつもりだったんですよ。でも美姫さんのお母さんがダメだって言い続けて…。南里さんでは不満なんですよね。本人を目の前に随分ひどい言葉をぶつけたこともあったそうですよ。美姫さんを世界女王にまで育てたという自負もあるようですから…。

 でも南里さんは、“美姫を守れるのは自分しかいない”って、何を言われてもじっと我慢してきたんです。生まれてくる子供のためにも、“美姫のお母さんに認められるような男になる”と言って頑張ってたんです」(前出・南里の知人)

 女性セブン前号では、安藤の母が安藤と南里に、入籍にあたって3つの条件を出したことをお伝えした。「婿養子になること」「南里が生活基盤を安定させること」「ソチ五輪に出場すること」──。

「安藤さんの告白後、南里さんの経済力などが取り沙汰され、彼女のお母さんはやっぱりふたりの結婚を許す気になれなくなったみたいです。娘だけじゃなく、孫の将来もかかっているわけですから、母としては譲れない気持ちもあるんでしょう。南里さんにしてみれば、安藤さんのお母さんに認めてもらって初めて、子供の父親になれると思っているからああいった発言になってしまったようで…。切ないですよね」(テレビ局関係者)

※女性セブン2013年7月25日号