靴職人の花田優一(21)が自身のブログで、明石家さんま(61)にプレゼントした靴を披露している。

※ 花田優一オフィシャルブログ より

 花田は、第65代横綱の貴乃花光司(花田光司・44)の長男。花田は、さんまがMCを務めるバラエティ番組『明石家さんまの転職DE天職』(日本テレビ)で、さんまに革靴をプレゼントした。これは昨年10月、花田が同番組に出演した際、さんまに革靴のプレゼントを約束し、その1か月後にさんまの足形をとり制作をスタートさせていたもの。2日にブログを開始した花田は、3日、「冷静に考えれば、場所はテレビで、お客様はさんまさん。ワクワクしても良いものの、いつもと同じ様にお客様に納品する緊張感でした。 オンエアでも流してもらってたけど、 曲線で波を表現したんです。 横にしたらわかりやすい!」と投稿し、正面と横から撮影した靴の写真を公開した。

 「僕は靴を作る時、靴を作る!というより 絵を描く気持ちで作ります。 その、目に見えない何かを靴に閉じ込めたくて。でもその為にはまだまだ技術が足りない。怠けず驕らず。」という花田は自身が描いた靴の絵も公開。

 「靴の紐が蝶々になって幸せな場所へ連れてってくれる!」「靴は人の心を射止める!!」といった絵に、ファンからは、「芸術家としてもやっていけるのでは!!センスが素晴らしいです!!」という感嘆の声があがり、靴についても「凄く素敵です」「主人も私も「カッコイイ!」と一目惚れ」「ステキな 靴ですね」「職人を志したその心意気と信念に感銘しました。 陰ながら応援してます??」といった声が寄せられている。