小保方晴子氏が著書で毎日の記者を名指し批判 「殺意を感じる取材攻勢」

ざっくり言うと

  • 28日、理化学研究所の元研究員の小保方晴子氏が手記「あの日」を出版した
  • STAP細胞をめぐる騒動で、過熱報道を繰り広げたマスコミへの反発もある
  • 毎日の記者を名指し、取材攻勢は殺意すら感じさせるものがあったと主張した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング