本誌8月12日発売号の『サッカーを笑え』でも書いた、フレンキー・デ・ヨンクへのパワハラの件がさらに酷いことになっている。2年前は称賛されたが…簡単に概要を説明すると――。巨額の赤字と負債を抱えるバルセロナが大型補強をできたのは、放映権料や商業権の一部を売却して資金調達したおかげなのだが、新戦力を選手登録するにはそれだけでは不十分で、チーム全体の年俸総額を削減する必要がある。その切り札とされてい