お腹のプニプニ脂肪を落とすには?「きつめの有酸素運動をする」

写真拡大

女性は特定の場所に脂肪がつきやすいですよね。太もも、顔、おしり、そしてお腹です。お腹周りがブヨっとしていてつかめちゃいませんか?そんなあなたにお腹の”ぶよ”を落とす方法をお教えします。

1 腹筋運動でなく、有酸素運動をする
腹筋はインナーマッスルを強化しますが、お腹周りの脂肪層にはあまり効かないようです。一方有酸素運動はカロリーを燃焼する唯一の手段で、体の体脂肪率も下げ、見た目にもお腹の脂肪が少なくなるのが分かるでしょう。

2 きつめの有酸素運動をする
本当に体重を落としたい人には有酸素運動のタイプにも気をつけたいところです。ジョギングに自転車、水泳、ダンス、など、心臓がばくばくなる程度の運動を1時間以上、週に5回は続けるのがこつです。

3 朝食を食べる
食べる分を減らすとその分体重も減るのは当たり前ですが、朝食だけは抜かしてはいけません。朝食をとる事で代謝活動が始まり、血糖値を管理し、お昼までのエネルギーが保てます。朝食にはタンパク質と食物繊維を摂(と)る事を忘れずに!

4 1日3食しか食べていない?!
1日3食は昔からの食事法ですが、問題なのは時間が空きすぎてお腹がすき、次の食事で食べ過ぎてしまう結果になりがちです。3食の間に2回ぐらいスナックタイムをもうけて、フルーツなどのヘルシーな間食を入れてみましょう。

5 2杯以上のお酒を飲んでませんか?
お酒は1日1杯までにとどめておく事は健康にもいいだけでなく、お腹周りの脂肪を蓄えないためにも良いのです。お酒は何百カロリーもあります。1カ月ほど控えるだけでお腹周りが小さくなったのを実感できる事でしょう。

参考:Why You Have an Inch to Pinch
http://fitness.popsugar.com.au/Why-Extra-Kilos-Your-Problem-Areas-Arent-Shifting-32210774