おはようございます、パン・料理家の池田愛実です。湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」を主宰しています。

今朝ご紹介するのは、フランス・ブルターニュ地方発祥のおやつ「ファーブルトン」のレシピです。

もっちいした食感のプリンみたいなファーブルトンは、普段おうちにある材料でできて、作り方もとってもシンプル!伝統的なファーブルトンはプルーン入りですが、今回はより身近なレーズンを使用。レーズンに限らず、バナナやりんご、桃の缶詰などお好きなフルーツでアレンジ可能です。

前日の夜焼いておけば、朝は手間いらずですぐ食べられますよ♪

もっちりプリンみたい!混ぜて焼くだけの簡単おやつ「ファーブルトン」

材料:ホーローバット(W20.5×D16.0×H3.0cm)1台分(※15cm丸型・タルト型なども可)

調理時間:約50分(焼き時間含む)

卵…2個砂糖…50g塩…ひとつまみラム酒(あれば)…小さじ1牛乳…300gバター…10g薄力粉…80gドライレーズン…50g

下準備:

オーブンを200℃に予熱しておくバットにオーブンシートを敷く

作り方:

1) 鍋に牛乳とバターを入れて、バターが溶けるまで温める。

2) ボウルに卵・砂糖・塩を入れてホイッパーでよく混ぜる。そこに粉をふるいいれて混ぜる。(1)とラム酒を加え混ぜる。

3) レーズンはさっと湯通ししてバットに入れる。上から(2)の生地をそっと流しいれ、200℃のオーブンで40分焼けば完成。

焼きたてはすごく膨らみますが、冷めると萎むので粗熱がとれてから切り分けましょう。冷蔵庫で冷やしても美味しいですよ!

★最新情報はインスタグラムで更新しています→池田愛実Instagram @crumb.pain

★湘南・辻堂でパン教室を主宰しています→フランスパン教室「crumb-クラム」