「平均給与」調査結果に衝撃 200万〜300万円台が2番目に多く、広がる格差

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 国税庁が発表した「民間給与実態統計調査」から、平均給与について紹介
  • 給与階級別の分布では、就業者5255万人中最も多いのが300万〜400万円以下
  • 次点で多いのが200万〜300万円以下で、400万〜500万円以下が後に続く

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

  • 総合
  • 国内
  • 政治
  • 海外
  • 経済
  • IT
  • スポーツ
  • 芸能
  • 女子
x