<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全4枚)

自動運転では、認知・判断・操作といったすべての運転操作をシステムが行っている。LiDARやカメラによる周囲環境認識や他の交通・障害物の把握、得られた情報による行動予測や判断において、機械学習、ディープラーニングなどのAI技術の研究開発が盛んに進められるに伴い、日本のみならず世界中で自動運転やAI技術を活用できる人材の育成が大きな課題となっている。
そこで、株式会社ZMPは、2020年8月17日より受注開始した自動運転/AI技術開発用ロボットカーRoboCar 1/10Xについて、教育機関で導入しやすいよう、また、自動運転/AIを活用できる人材の育成や自動運転開発の加速化へ寄与するべく、同ロボットカーを教育機関向けにアカデミック価格で提供開始することを同年9月23日に発表した。同価格の対象は公立、私立問わず大学・高等学校を始めとした教育機関全般で、職業訓練校なども適用が可能だ。提供価格は税抜144万円(通常価格は税抜180万円)、2020年12月からの出荷を予定しており、現在先行受注を開始している。

●自動運転/AI技術開発用ロボットカー RoboCar1/10Xについて
RoboCar 1/10シリーズは自動車の1/10スケールの車両に、外界センサとして単眼カメラ、前後レーザレンジセンサを搭載し、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダにより車両の挙動や走行距離の把握が可能。また、各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意。これらを用いて自由にアプリケーションを開発することができる。同シリーズ最新機種となるRoboCar 1/10Xは、GPU搭載のNVIDIA製Jetson AGX Xavierを採用、高度なAIアルゴリズムの実装が可能となった。また、ZMPの自動運転プラットフォームIZACを組込みIZACとして実装。ROS(Robot Operating System)をはじめ自動運転、AIアプリケーションのための各種OS、ライブラリがインストール済みで、開梱したその日から開発を始めることができる。


NVIDIA製 Jetson AGX Xavier モジュール

NVIDIA製 Jetson AGX Xavier 開発者キット

●製品仕様

▼ 本体:

・サイズ・重量
190×429×150()、3.0kg

・最大積載重量
TBD

・最小回転半径
約500()

・最高速度
約10(km/h)

・シャシー・フレーム
アルミシャシー、ダブルウィッシュボーンサスペンション、ZMP製アルミフレーム

・モータ
駆動用:小型DCモータ、ステアリング用:ロボット用サーボモータ

・バッテリ
制御部バッテリ(オプション):専用Li-ionバッテリパック(×1)
駆動部バッテリ:ニッケル水素バッテリパック(7.2[V]×1)

・外界センサ
単眼USBカメラ×1(前方):1920×1080[RAW]、60[fps]、139[deg]、CMOCイメージセンサー搭載レーザレンジセンサ×2(前後):検知距離20~5,600()、240[deg]

・内界センサ
ジャイロ(1軸)、加速度(3軸)、ロータリーエンコーダ(車輪×4、モータ×1、ステアリング×1)

・車載CPU
NVIDIA Jetson AGX Xavier(8-core ARM v8.2 65-bit)
GPU:512-core Volta GPU With Tensor Cores、RAM:32GB、SSD:1TB

・WIFI
IEEE802.11b/g/n/ac WEP/WPA、2.4GHz/5GHz

▼ 本体側ソフトウェア:

・OS
Linux(Ubuntu 18.04)

・対応ライブラリ
ROSCUDA、cuDNN、TensorFlow、PyTorch、OpenCV、PCL

・サンプルプログラム
車両制御、センサ情報取得、LAN通信、LRFによる障害物回避、遠隔操作

▼ その他:

・付属品
ジョイスティックコントローラ、制御用/駆動用バッテリー充電器
※仕様は予告なく変更の可能性あり。

・製品価格
通常価格 180万円(税抜)/アカデミック価格 144万円(税抜)

■【動画】自動運転AI開発用ロボットカー『RoboCar 1/10X』:

詳細サイト::
https://www.zmp.co.jp/products/robocar/robocar-110x


(ロボスタ編集部)