国内では「5番手」の早田ひな(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 卓球の東京五輪代表を巡る戦いは、熾烈を極めている。伊藤美誠(19=世界ランク7位)と張本智和(16=同5位)にはすでに当確ランプがともり、残るシングルス枠は男女とも1つとなった。

卓球エース伊藤も逆転負け…東京五輪は銀メダルが精一杯?

 特に女子は大激戦だ。五輪代表は「2020年1月時点で有効な世界ランクポイント(P)」で決まる。現在、伊藤が13510Pで大差のトップ。10295Pの平野美宇(19=同10位)と10230の石川佳純(26=同8位)は接戦だ(すべてオーストリアOP終了時点)。

 4位の加藤美優(20=同21位)は7545Pと大きく離され、事実上、2枠目は平野と石川の一騎打ち。シングルスの世界ランクは団体戦のシード順に影響するため、なるべく世界ランク上位選手を選びたい。順当にいけば3人目はシングルス代表から漏れた石川か平野になるわけだが、選考方法は単純に「世界ランクの上から3人」ではなく、「代表2人とのダブルスの相性などを考慮して強化本部で推薦」とされている。

 そこで「3人目の女」として急浮上するのが19日、オーストリアOPから帰国した早田ひな(19=同25位)だ。この大会の混合ダブルスで張本とペアを組み、決勝で中国ペアを撃破し優勝。シングルスでは今季初の8強入りも果たした。早田の有効Pは現時点で7520P。今大会で佐藤瞳(21=同19位)を抜き、日本選手5番手になった。

 卓球協会の宮崎強化本部長は「来年1月の代表発表まで(五輪新採用の)混合ダブルスのことは考えず、団体戦(のダブルス)優先で3人目を選ぶ」と明言したものの、「(世界ランク)3番目がダブルス不向きなら4番目」と含みも残す。4番目の加藤と早田の差はわずか25Pだ。

 早田は昨年、伊藤とダブルスを組んだ国際大会で4度優勝し、今季は5月の世界卓球で準優勝。「3人目の女」は一騎打ちとは限らない。