2014年に自殺した男性の遺族が提訴「部下からのパワハラが原因」

ざっくり言うと

  • 2014年、愛知県の新城郵便局に勤めていた47歳の男性課長が自殺した
  • 男性の遺族は5日、約1億1300万円の損害賠償を求めて日本郵便を提訴
  • 「部下からのパワハラ」に対し同社が適切に対処しなかったなどと訴えている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング