京都アニメーション放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)が事件前の3日間にわたり、京都市や京都府宇治市で、同社のアニメに登場し「聖地」と呼ばれる複数の場所付近を歩く姿が確認されたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。