7月18日午前10時半ごろ、京都市伏見区のアニメ製作会社「京都アニメーション」第1スタジオから「ドーン」という爆発音とともに黒煙が上がった。複数の近隣住民からの110番を受けて消防車など約30台が出動し、あたりは騒然となった。

【写真】京アニの写真(6枚)を全部見る

「京都府警によると、男がスタジオに入ってきてガソリンのような液体をまき、火をつけたようです。現場には刃物のようなものも落ちていた。男は負傷し市内の病院に搬送されています。所持していた免許証から41歳で茨城出身とみられている。当時現場には67人の従業員がいたそうです」(社会部記者)


爆発火災があったアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオ ©時事通信社

ホースの水で火を消してやったその男が犯人だった

 火災現場となったスタジオ近くに住む女性は、火をつけた男が確保された瞬間を目撃していた。

「チャイムが鳴ったので玄関を出たら、息も絶え絶えの男が横たわっていました。足もとには火がついていて、とにかく助けなくてはと近所の人がホースの水をかけていました。逃げ出してきた人かと思ったら、しばらくして警察官が囲んで、男に『どうしてこんなことをしたのか』と質問し始めた。それで、男が犯人だとわかりました。男は声を荒げて、『パクられた』と不平不満のようなことを口にしていた」

 男は、暴れる様子はなかったという。

「男は背が少し高くて小太りの体型でがたいが良かった。Tシャツにジーパン姿でした。足元が剥き出しになっていて、足の裏は血まみれでした。髪はちりちりに焼けていた。やけどなのか、腕は皮が剥けていました」(同前)

近隣住民提供

 

 現場には、京都アニメーションで働く孫(21歳、女性)と連絡が取れなくなって駆けつけた男性(69)が立ち尽くしていた。
 
「孫は2年前から京都アニメーションで働き始めました。3階で働いていたようですが、今朝から連絡が付かず、いま確認したところ、行方不明リストに名前がありました。搬送された病院に名前はなくて、なんとも言いようがない。悲しいです。テレビを見たとき、そんなアホなと思って……」

 男性は、1週間前に孫と会ったばかりだったという。

「そのときも『仕事を頑張っている』と言っていた。映画に自分の名前が載ったことを喜んでいました。昔から絵が好きで、よくアニメの絵を描いていました。最近も孫が自分の給料で、カープファンの私にカープの『辞典』を買ってプレゼントしてくれました」(同前)

「犯人は従業員でも元従業員でもない」

 京都アニメーションが設立されたのは1981年。2006年に放送された「涼宮ハルヒの憂鬱」(UHF系)が大ヒットし、原作のライトノベルは全世界で2000万部を超えるベストセラーになった。アニメ評論家の藤津亮太氏は「京都アニメーション(以下、京アニ)は、業界で3本指に入る名門製作会社」と解説する。

「京アニは非常にクオリティの高いアニメをハイスピードで作り続けています。腕のあるアニメーターが多く在籍しており、緻密な絵でも労を厭わず描くし、キャラクターの動きのセンスもいい。他のアニメ制作会社が『京アニと同じレベルを求められると困る』と言うほどです」

 「犯人は従業員でも元従業員でもない」(警察関係者)というが、いかにして侵入したのだろうか。藤津氏は以前に火災が起きた第1スタジオを訪れたことがあるという。

「アニメーターたちの作画机が並ぶ製作スタジオです。閑静な住宅街にある小綺麗な建物で、内装はアニメーターが快適に作業できるように、カントリー調の落ち着いたインテリアになっていました。インターフォンを押して中に入った覚えがあります。セキュリティは一般的な会社と同様でしたが、アニメ製作会社はそもそも出入りする人が多い。不審者が入り込んでも気づきにくい傾向にあるとは思います」(藤津氏)

 京アニでは現在もアニメ作品を制作中だった。

「劇場版『ヴァイオレットエヴァーガーデン』や、人気作『響け!ユーフォニアム』の製作が発表されたところでした。多くのアニメーターの方々がいい作品を作ろうと日夜作画に向かっていたところだと思います。

 冗談で『アニメ業界は全体でひとつの会社みたいだよね』とよく言うのですが、転職する人やフリーランスで活躍する人が多いので、業界は顔見知りばかりなんです。だから他社とはいえ他人事ではない。業界にはかなり動揺が広がっています」(同前)

 現場ではまだ正確な行方不明者数も判明していない。

「心肺停止している人の大半が3階から屋上に上がる階段にいました。燃え落ちた残渣物の下敷きになっている方がいるかもしれず、まだ実際に被害者が何人かは分かりません」(消防局関係者)

 消防局によると、被害者は京都府内の病院に救急搬送され、20名の死亡が確認されている。

(※その後、警察により33人の死亡が確認された)

(「週刊文春」編集部/週刊文春)