女優の“不仲”はなぜ起きるのか

写真拡大 (全2枚)

 演技派女優2人の“関係”が注目を集めている。その2人とは、NHK連続テレビ小説『まんぷく』のヒロイン・安藤サクラ(32才)と、満島ひかり(32才)だ。

 NEWSポストセブンでは11月16日、「親友同士だった満島ひかりと安藤サクラが絶縁状態になるまで」というタイトルの記事を配信。元々、2人は同い年で同じ事務所に所属し仲がよく、お互い“家族のような存在”と認め合う関係だったという。ところが、最近はまったく連絡を取らず、口もきかない仲に。
 
 きっかけは朝ドラだった。2人とも朝ドラの主演を熱望し、満島は何度もオーディションを受けたがかなわなかった。安藤が『まんぷく』の主演を射止めたことに、満島は「なんで彼女が先なの? 許せない」とショックを隠せなかったという。その後、満島のわがままぶりや所属事務所を辞めたことで、互いに距離を置くようになったとされる。

 これに対して、ネット上では、女優としての2人を“評価”する声が目立った。

「満島ひかりさんも安藤サクラさんもとてもいい女優さんだと思います。役に入り込むところは本当に魅力的です」
「素人くさい半アイドルみたいな自称『女優』が多い中、どちらも息長くいけそうないい女優さんだと思う。キャラもかぶらないからライバル関係にならないと思うんだけど」
「満島さんと安藤さんはそれぞれ演技派女優として地位をしっかり築いていると思う」

 中には、「女優さんだから演技で評価されればそれでいいと思います」とプライベートではなくあくまで女優として見るべきという指摘もあった。

 満島が朝ドラの主演を目指していたという内容については、
「満島さんは演技派だけど、印象が暗いので朝ドラの顔じゃない」
「朝ドラが何やねんと思う そんなん出なくても満島ひかりが名女優であることは周知の事実でしょう」というネットの書き込みもあった。

 この2人のように不仲説や、“共演NG”が報じられた女優は少なくない。“不仲”の理由の多くは“男関係”だ。

 最近では今年3月、宮沢りえと長澤まさみの不仲説が報じられた。長澤が人気バンド『RADWIMPS』のボーカル・野田洋次郎がデートしたことに、りえが気を悪くしたという。りえは、野田のファンで、3年前の映画で共演以来かわいがっていたそうで、突然近づいてきた長澤をよく思わなかったという内容だった。

 米倉涼子と松嶋菜々子も“共演NG”といわれる。今年9月、2人がテレ朝のドラマで同じ弁護士役を演じることになり、その関係が再び取り沙汰された。報じられた内容によれば、きっかけは2010年に公開された映画『交渉人 THE MOVIE』。同映画で米倉と、松嶋の夫である反町隆史が共演したが、女性警官と犯人役の2人の親密さが話題に。そのことに当時、育休中だった松嶋が複雑な思いをしたという。

 意外な理由では、2013年に不仲を報じられたのは沢尻エリカと佐々木希のケースがある。2010年に行われたファッションイベント『Girls Award 2010』で、半ケツ状態になり新曲を披露した沢尻が、舞台に出る際に、佐々木に向かって「そこ邪魔!」と言い放ったという。その後、ドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)で2人が共演した際に、その仲が再び注目を集めたのだった。

 安藤と満島のように仕事のことをきっかけに絶縁するケースは芸能界では少数派ではないだろうか。演技派の2人だけに、作品で“バトル”する姿をいつか見てみたいが…。