WBSS準決勝でロドリゲスと対戦する井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

タレント充実のプエルトリコ、最強の証明は「井上戦の大番狂わせ」が条件と指摘

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する。V候補大本命の井上にとって最大のライバルと目されるロドリゲスに対し、米ボクシング専門誌「リング」の記者は、近年タレントが充実するプエルトリコ最高のファイターと呼ばれるための条件に「井上戦の大番狂わせ」を挙げている。

 WBSS1回戦で同級3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)とフルラウンドを戦ったロドリゲス。序盤は優勢に進めたが、拳を痛めるアクシデントもあってか、5回以降は劣勢に。ボディを何度も被弾するなど苦み、判定が割れての準決勝進出となった。

 試合後に観戦に訪れた井上とリング上でフェイスオフ。初戦で70秒KOを演じた井上と比べるとインパクトに欠ける辛勝となったが、準決勝はプエルトリコの威信も背負い、井上と戦うことになる。ボクシング界で最も権威を持つ米リング誌のライアン・ソンガリア記者はツイッターで、こう分析している。

「現在、プエルトリコには多くの優秀なファイターがいる。だが、その主役と認められるためにあと一歩、踏み出す人間が待たれている。もし、ナオヤ・イノウエに大番狂わせをやってのけるのなら、最も近い存在はエマヌエル・ロドリゲスかもしれない」

ロドリゲスとともに挙がるプエルトリコ最強の候補は?

 ソンガリア記者は無敗対決となる準決勝の統一戦で井上を撃破できれば、ロドリゲスはプエルトリコ最強の称号を手にできると指摘。ただ、井上戦の勝利を「大番狂わせ」と表現するように、日本人王者が圧倒的有利とみているようだ。

 さらに「あるいはホセ・ペドラザのロマ戦はそれ以上だろう。それにしても、今やすごく心躍るようなファイターがいる」ともツイート。リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で1位に輝くWBA世界ライト級スーパー王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と12月に対戦するWBO世界王者ペトラザが下馬評を覆す勝利を挙げれば、プエルトリコ最高の称号をものにできるという。

 井上はPFPで6位。ロマチェンコとともに、プエルトリコ最強ファイターと認められるための2大最難関として、スペイン語で「El Monstruo(モンスター)」と評される男が君臨している。番狂わせを演じようと躍起になるロドリゲスを、その破壊力で沈められるか。決戦の時まで一歩ずつ、歩みを進めていく。(THE ANSWER編集部)