古村比呂、がんとの闘いを語る

ざっくり言うと

  • 古村比呂が7日、情報番組で自ら体験した子宮頸がんについて赤裸々に語った
  • 昨年3月の子宮全摘出術後、今もなお後遺症と闘っている
  • 発見された時には「自覚症状はまったくなかった」と述べ、検診の重要性を訴えた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング