中国が無人高速艇「天行1号」を今年9月に開発し、その最高航行速度は50ノット(時速92.6キロ)以上で、世界最速の無人艇であることが明らかにされた。

写真拡大

広東省湛江で14日に開幕した第5回中国海洋経済博覧会で発表された情報によると、無人高速艇「天行1号」を今年9月に開発し、その最高航行速度は50ノット(時速92.6キロ)以上で、世界最速の無人艇であることが明らかにされた。ハルビン工程大学と深セン海斯比船艇公司が共同開発したこの無人高速艇は、全長12.2メートル、満載排水量7.5トンで、燃料と電気のハイブリッド動力を採用している。科技日報が伝えた。

英国軍は昨年、航行速度が50ノット以上、全長10メートルの無人偵察高速艇を発表しているが、海斯比公司は「把握している資料によると、中国の無人艇が最速だ。有人高速艇の最高航行速度は70ノットに達するが、高速航行には操縦士の豊富な経験が必要となるほか、高波や障害物による航行の危険性が高まる。これは無人高速艇も直面する難題だ」とした。

同社の黄卓(ホアン・ジュオ)氏は、「これはハルビン工程大学の863計画プロジェクトとして、共同開発して多くのシリーズを製造してきたが、天行1号はその中でも最も速く、同類の高速艇はすでに10隻製造している。海上法執行と海軍の人手が不足しているが、一部の作業は無人艇が担うことが可能で、危険な状況においても活用することが可能だ」と話した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)