警視庁の女性職員が誘拐を自演「父親に構ってもらいたかった」

ざっくり言うと

  • 警視庁の20歳代の女性職員が9月、誘拐を自演し騒ぎになっていたことが判明
  • 誘拐犯を装って身代金を要求するメッセージを父親に送信していたという
  • 職員は「父親に構ってもらいたかった」と反省しているとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング