速攻で距離を縮める!LINEの「恋愛基本テクニック」永久保存版

写真拡大



いまどきの恋愛において、LINEは必須!知り合った男性と早く恋愛関係になるためには、このツールをうまく使いこなすことが欠かないのです。そこで今回は、相手との距離を縮めて恋愛へと発展させるLINEテクニックの基本をご紹介していきましょう!

■深読みは不要!素直に即レスが基本

恋愛の駆け引きで、相手からの連絡にすぐ返事しないほうがいいと思っている人、いませんか…?メールが主流だった頃なら効果的だったのですが、LINEにおいてはマイナスです。


ご存知のとおり、LINEには既読機能がついているため、メッセージを読んでいるのに返事を返さないという行為は、相手にストレスを与えてしまうだけです。


時間がない場合でも、とりあえず簡単な返事だけ即レスが基本!「あとでまた連絡するね」とメッセージを送れば、誠実で感じのいい子だなと印象付けることができますよ。

■顔文字は女の子らしい照れ顔がオススメ

LINEには、たくさんスタンプがあるので、どれを使えばいいか迷ってしまいますよね。ただし、あまりにスタンプだらけのメッセージは男性に送るには不向きです。また、泣き顔にハートマーク、怒った顔に汗など、人によって受け取り方が違うような絵文字は、誤解されやすいため気をつけておきましょう。


メッセージにたまに沿えるなら、照れ顔のはにかみ系顔文字がおすすめ。ただの笑顔スタンプよりも女の子らしさがありますし、好きな気持ちをごく自然に伝えられるはずですよ。

■普段はあっさり、ときどき甘メッセージが効く!

好きな気持ちを伝えようと、いつも押せ押せメールばかり送っていては、相手が引いてしまいます。こちらが一方的に盛り上がらないよう気をつけておきましょう。


普段はあまり気持ちを入れすぎない、あっさり系のメッセージが基本です。「今週末、空いてる?遊びに行かない?」とか「今日雨すごかったよね!靴びちゃびちゃになった!」と誘いメールも報告メールも、短くまとめるよう心がけましょう。


そしてときどき、(毎日連絡をとっているなら1週間に1度、連絡をとる回数が限られているのであれば、10回に1回くらい)、女の子らしい甘メッセージを送ってみてください。


「声聞きたくなった〜」「寒くなってくると人肌恋しい」など、相手の重荷にならない程度に、気持ちを入れてみましょう。彼に少しでもその気があれば、きっと反応があるはずですよ!

■LINEはお誘いのみ!大切なことは会って言う

友達以上、恋人未満な関係になってきたら、告白も視野に入ってきますよね。普段のコミュニケーションにLINEを使っている人でも、大切なセリフはLINEメッセージではなく、直接会ってから伝えるべきです。


最悪のことを考えると、彼があなたの気持ちに応えてくれなかった場合、LINEのメッセージだけで関係終了となってしまいます。しかも表情がわからないので、あなたの熱意を100パーセント伝えられません。それじゃあ、もったいないですよね?大切なことは、直接会って伝えるようにしておきましょう。

■おわりに

便利なLINEですが、恋愛の成功率が上がるかどうかは使い方次第です。ぜひこの4つの基本を押さえて、意中の彼をゲットしてくださいね!(織留有沙/ライター)


(ハウコレ編集部)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)