21日放送の「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)で、TOKIOの城島茂が手際のよい畑仕事をみせ、農家から称賛される場面があった。

この日は、城島と山口達也が群馬県邑楽町を訪れ、松島さん兄弟の白菜畑をリポートした。白菜は、TOKIOが16年前、福島DASH村での初めて畑仕事で育てた野菜だ。以来、10年以上作り続けてきた。

そのため、白菜を作り始めて4年目だという弟・圭祐さん、1年目の兄・章倫さんは、城島と山口に対して「(TOKIOは)大先輩です」と恐縮していた。

農家から大先輩といわれた城島は、松島さんが「自信作」と語る丸々とした大きな白菜を見ると、「これは重たい」「ハリが違うもん」と、出来の良さに目を見はった。さらに、畑の土を触り「水はけめちゃくちゃ良くない?」と土の質の良さを指摘し、臭いを嗅いで「何入れてるんやろ?」と専門家のように堆肥へ興味を示した。

堆肥に牛糞が入っていると説明された城島は「あーいいですね」「余計、水はけが良くてフカ〜っとして良いですよね」と納得。その姿に、松島兄弟は「さすが、大先輩だな〜」と驚いていた。

また、白菜の収穫を手伝う場面では、城島が手際よく作業を進め、白菜包丁を使って根本を整えた。きれいに根本が整った白菜を見た松島兄弟は「お、すごい!」「出荷できるレベルですね」と大絶賛。アイドルとは思えぬ手際の良さに、「すごい」を連発していた。

【関連記事】
DASH島がGoogleマップに登録される 以前から噂の愛媛県・由利島
TOKIOが684日かけたラーメンがついに完成 松岡昌宏「俺たちの中では世界一」
TOKIO・城島茂のイカを使ったダジャレにイカが怒って攻撃する一幕