「入浴」と「睡眠」は疲労回復のためにとても重要だ。柔道整復師の酒井慎太郎氏は「風呂はぬるめで全身浴、浴槽で脚と上半身のストレッチを。眠るときは体に負荷をかけない『ゼロポジション』の姿勢がいい」とアドバイスする――。※本稿は酒井慎太郎『絶対に疲れない体をつくる関節ストレッチ』(KADOKAWA)を再編集したものです。写真=iStock.com/JazzIRT入浴は関節ストレッチの良きサポート役。ポイントは「少しぬるめ」「首