ファイナンシャルアドバイザーの母親(左)より稼ぐ17歳の高校生(画像は『Mirror 2021年5月15日付「Meet Brit teen making £10k a day on TikTok as mimes turn her into global star」(Image: Collect/PA Real Life)』のスクリーンショット)

写真拡大

イギリス在住の17歳の高校生はSNSを始めてからわずか1年で多くのフォロワーを獲得し、現在は一日で150万円以上も稼ぐことがあるという。今後の進路について「それだけ稼げる日があるなら大学に行く意味はないし、動画作りに集中したい」と本人は明かしている。『Mirror』などが伝えた。

英ロンドン北西部ミルトンキーンズ在住で、現在17歳のアリシア・ブロイアーさん(Alicia Breuer)は昨年5月頃、ロックダウンで退屈していた時にTikTokアカウントを開設した。

アリシアさんは、ビージーズやドレイク、ジャスティン・ティンバーレイクなど有名歌手のヒットソングに合わせて口パクで歌う動画や、メイクや衣装を一瞬で変える動画などを次々と投稿し始めた。

その中でケイティ・ペリーのヒットソング『ティーンエイジ・ドリーム(Teenage Dream)』を口パクした動画がヒットしたことでタレントマネージャーの目に留まり、契約を交わした。

これを機にアリシアさんは化粧品会社の「ランコム(LANCOME)」や衣料品メーカーの「アーバン・アウトフィッターズ(Urban Outfitters)」、ファッションブランドの「ブーフー(boohoo)」など多くの企業の広告動画を作成し、多くの収入を得ているという。

アカウントを開設してから約1年が経過した現在、アリシアさんのTikTokフォロワー数は75万人を超え、一日に1万ポンド(約154万円)を稼ぐインフルエンサーとなったのだ。

若干17歳のアリシアさんが稼ぐ額は、ファイナンシャルアドバイザーとして働く50代の両親、フランクさん(Frank)とタミーさん(Tammy)の収入をはるかに上回る。

アリシアさんは「動画を作る時間はそんなに長くないですよ。編集作業に手間がかかるものでも1時間くらいで作っています」と作業時間について話しており、そこまで多くの労力を費やしていないようだ。

それでもAIスピーカー「アレクサ」の広告動画を作成して投稿したが、TikTok運営側が危険な行為と判断したようで削除されてしまったという苦労を明かしている。

また学業の成績は良いというアリシアさんは、既に大学進学が可能なAレベルを取得しているそうだが、「150万円も稼げる日があるのなら、動画作りに集中したい。大学に行っても意味がない」と考えているという。

アリシアさんの担任はこのキャリアに賛成し、協力的な姿勢を見せているそうだ。

「2人の親友も、私のキャリアに賛成してくれています。もし逆の立場だったら、私は嫉妬していたと思いますね。」

若くして大金を手に入れ、お金に対する価値観が気になるところだが、両親の職業柄その心配はなさそうだ。タミーさんたちは無駄遣いしないように教え、しっかりと貯金していくこともアリシアさんに伝えているという。

アリシアさんの主張に、ネット上では「これは革命的だな」「エンターテインメントは変わってしまったようだ」「これはキャリアと言えるのだろうか」など驚きや懐疑的な声が寄せられている。画像は『Mirror 2021年5月15日付「Meet Brit teen making £10k a day on TikTok as mimes turn her into global star」(Image: Collect/PA Real Life)』『aliciabreuer 2021年5月15日付TikTok「hate to be that person but my dogs cuter than yours」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)