各地の消防によりますと、石川県内で13日、男女8人が熱中症やその疑いで病院に運ばれました。

このうち野々市市の自宅にいた92歳の男性は重症とみられています。男性は1人暮らしで、部屋の冷房をつけていたものの、温度が31度に設定されていたということです。

14日も午前11時までに金沢市と七尾市で少なくとも2人が熱中症とみられる症状で病院に運ばれていて、消防は水分をこまめに補給し、冷房を適切に使うなど、対策をとるよう呼びかけています。