槇原敬之被告の初公判 CMなどの中止で8500万円を事務所が支出と判明

ざっくり言うと

  • 覚醒剤取締法違反などの罪に問われた槇原敬之被告の初公判が21日、開かれた
  • 提出書類には、今回の逮捕による損害が明記されており、具体的な額も判明
  • 事務所はCMなどの中止で、約8500万円を支出したとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x